ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2007-01-05 (Fri)

[][][]アジア歴史資料センター、サイトをリニューアル2006-10-10

国立公文書館アジア歴史資料センターがサイトをリニューアルした(2006-10-10)。サイト全体の見た目に加え、基盤システムにも様々な改善がなされたようだ。しかし、今回最も注目したいのは、トップページに「アジア歴史資料センター(アジ歴)」とあるように、「アジ歴」という略称を打ち出したことだ。根づくだろうか。注目したい。

さて、せっかくのリニューアルなので例によってリンク方針について一言申しあげたい。サイトポリシーのページにある「リンクについて」という注意書きでは、

下記サイトより、アジア歴史資料センターホームページへのリンクの設定は自由に行っていただいて結構です。

  • 貴サイトが無償で一般に公開されていること。

http://www.jacar.go.jp/about_site.html

とあるが、これは2つの点でまずいのではないか。一つには、一般的にいえることだが、有料サイトの定義は難しい。たとえば、プロバイダー(ISP)が開設している会員向けポータルや有料の辞書・事典サイトからはリンクしてはいけないということだろうか。アジア歴史資料センターに限ったことではないが、リンク元の営利・非営利を区別することはもうやめたほうがいい。

もう一点はアジア歴史資料センターの根本に関わる。アジア歴史資料センターは「アジア歴史資料整備事業の推進について」という閣議決定(1999-11-30)を根拠に設置されている。この閣議決定は冒頭に同センターの目的として、

我が国とアジア近隣諸国等との間の歴史に関し、国が保管する資料について国民一般及び関係諸国民の利用を容易にし、併せて、これら諸国との相互理解の促進に資すること

を挙げている。この精神に立ち返ると、アジア歴史資料センターは広く市民に利用されることを目的としているのであって、どのような形であれ、それが営利サイトからのリンクであれ、利用の可能性を狭めることがあってはいけないと思う。

・「アジア歴史資料センター資料提供システムの更新にあたって」(2006-10-10

http://www.jacar.go.jp/news.html#20061010-1

アジア歴史資料センター

http://www.jacar.go.jp/

アジア歴史資料センターの過去のサイト(2001年〜2005年)

http://web.archive.org/web/*/http://www.jacar.go.jp/

アジア歴史資料センターホームページのご利用にあたって - リンクについて

http://www.jacar.go.jp/about_site.html

閣議決定「アジア歴史資料整備事業の推進について」(1999-11-30)

http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/991130ajia.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arg/20070105/1167952957
 |