ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2007-03-19 (Mon)

[][][]国立国会図書館平成18年度遠隔利用者アンケートの調査結果を公開

国立国会図書館平成18年度遠隔利用者アンケートの調査結果を公開した(2007-02-20)。遠隔利用者とは電子図書館サービスや郵送複写サービスなど、インターネット経由でのサービス利用者を指し、2年おきに実施されている。おそらく今回の結果発表にあわせてと思われるが、「遠隔利用者アンケート調査を活用した業務改善の取組み」が公開されている。ここでは2年前、3年前に実施した平成16年度調査や平成15年度調査の時点と比較しての満足度・改善要望度の改善状況が詳しく述べられており、国立国会図書館アンケート結果を参考にした改善に取り組んできたこと、そして利用者がその取り組みに一定の満足を示していることがうかがえる。このような経年的な視点については、以前次のように述べたことがある。

2006年度版の調査結果を公開したことで、2年前に行った利用者アンケート調査との結果比較ができるはずだ。2年の間で利用者の回答にどのような変化があったのか、ぜひまとめて公開してほしい。

今回の調査結果の公開はこうした期待に応えるものであり、改善に対する国立国会図書館の真摯な姿勢が感じられるのではないだろか。

国立国会図書館における利用者アンケート調査

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete.html

・遠隔利用者アンケート調査を活用した業務改善の取組み(H15〜H18)

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/enquete2006_02.html

国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/

・「国立国会図書館平成16年度遠隔利用者アンケート調査を実施」(新着・新発見リソース、2004-09-19)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20040919/1136273132

・「国立国会図書館、「平成16年度利用者アンケート調査結果」を公開」(新着・新発見リソース2005-03-13

http://d.hatena.ne.jp/arg/20050313/1134801533

・「国立国会図書館平成17年度利用者アンケート調査結果を公開」(新着・新発見リソース2006-02-26

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060226/1140899164

・「国立国会図書館、利用者アンケート調査を開始」(新着・新発見リソース2006-08-07

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060807/1154879886

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arg/20070319/1174257090
 |