ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2007-07-08 (Sun)

[][][]国際交流基金日本研究英語サイト「Japanese Studies Network Forum(JS-Net)」を閉鎖

国際交流基金日本研究英語サイト「Japanese Studies Network Forum(JS-Net)」を閉鎖した(2007-06-30)。閉鎖に至った背景や事情サイトで詳しく語られている。

ウェブサイト1997年の開設以来、諸外国における日本研究の促進に資するべく、インターネット上の日本研究関連情報を整理し、英語で提供してまいりました。

当初はホームページを公開している日本研究学会研究機関の数も少なく、日本研究に関するウェブ上の情報源も限られておりましたが、その後のインターネットの発展に伴い、日本についての情報英語で提供するウェブサイトの数は飛躍的に増え、各国の日本研究者の間でメールマガジンブログ等による情報交換が活性化いたしました。このような現状を踏まえ、本ウェブサイト2007年6月末日をもって閉鎖することになりました。皆様には10年もの間、本ウェブサイトにご協力を頂き、深く御礼申し上げます。

・Japanese Studies Network Forum(JS-Net)ウェブサイト閉鎖のお知らせ

http://www.jsnet.org/recent/000673.php

10年もの歴史を持つサイトだけに閉鎖は惜しまれるが、上記のような事情が正しいのであれば、閉鎖もやむをえないのかもしれない。なお、サイトコンテンツのうち、以下のコンテンツは今後も継続されるという。

  1. 助成データベース(Grants Database)
  2. 日本研究フェロー一覧(Japanese Studies Fellows)
  3. 日本研究学会・機関等(Associations and Institutions)

・Japanese Studies Network Forum(JS-Net)

http://www.jsnet.org/

・JS-Net(Japanese Studies Network Forum)の過去サイト

http://web.archive.org/web/*/http://www.jsnet.org/

国際交流基金

http://www.jpf.go.jp/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arg/20070708/1183835238
 |