ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2007-07-09 (Mon)

[][][][]Google慶應義塾図書館Googleブック検索での連携を発表

Google慶應義塾図書館Googleブック検索での連携を発表した(2007-07-06)。2008年に迎える創立150年の記念事業の一環として、同図書館が所蔵する書籍のうち著作権保護期間が満了した約12万冊を電子化し、Googleブック検索から検索できるようにする。電子化する12万冊は、

  1. 明治初期までに日本で発行された和装本
  2. 明治大正期・昭和前期の日本語図書

からなり、福澤諭吉の著作も含まれるという。慶應義塾プレスリリースでは、

慶應義塾関係書籍については先行してデジタル化されます。デジタル化が完了した資料は随時公開されます。

とされており、2日前に同図書館が公開した福澤著作コレクションが用いられると思われる。Googleブック検索図書館プロジェクトに参加する日本大学慶應義塾が初となり、全世界規模では26校目になる。実質的に最古の私学であり、創立150周年に向けて様々な記念事業を展開している慶應義塾の面目躍如といったところだろう。記念事業としても、実に意味のある決断と思う。

なお、このニュースとは直接関係はしないが、慶應義塾プレスリリースで1点気になるところがある。リリース文の4枚目に参考資料として、「慶應義塾大学デジタル時代の知の構築】」というモデル図が附されているが、図の一番上にGoogleのロゴが配されている。これではGoogleの傘下に慶應義塾があるように見えてしまう。この種の連携に際しては、資料においては自らを頂点に置くか、あるいは双方を対等に配置した図にまとめるべきだろう。

慶應義塾図書館

http://www.mita.lib.keio.ac.jp/

・「慶應義塾が「デジタル時代の知の構築」にむけたGoogle との連携による図書館蔵書のデジタル化と世界にむけての公開を決定」【PDF】(慶應義塾、2007-07-06)

http://www.keio.ac.jp/pressrelease/070706.pdf

・「慶應義塾図書館は「Googleブック検索図書館プロジェクトに参加しました。」(慶應義塾図書館、2007-07-06)

http://www.mita.lib.keio.ac.jp/news/#news_20070706_163510

2008年慶應義塾は創立150年を迎えます

http://keio150.jp/

慶應義塾

http://www.keio.ac.jp/

Googleブック検索

http://books.google.co.jp/

・「慶應義塾図書館Google ブック検索 図書館プロジェクトパートナーに」(Google、2007-07-06)

http://www.google.co.jp/press/pressrel/20070706.html

Googleブック検索 - 図書館プロジェクト

http://books.google.com/intl/ja/googlebooks/library.html

・「慶應義塾図書館、福澤著作コレクションを公開」(新着・新発見リソース、2007-07-09)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070709/1183916254

・「「御伽草子」も全文検索Googleブック検索慶大が参加」(ITmedia News、2007-07-06)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0707/06/news111.html

・「「Google ブック検索」で福沢諭吉の著作も閲覧可能に」(INTERNET Watch、2007-07-06)

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/07/06/16264.html

・「慶應義塾図書館Googleブック検索に参加、著作権切れ書籍ネット公開」(Japan.internet.com、2007-07-06)

http://japan.internet.com/busnews/20070706/4.html

・「Google、ブック検索で慶応義塾大学図書館と連携−図書館アジアで初の参加:ニュース」(CNET Japan、2007-07-06)

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20352355,00.htm

・「慶応大学Googleブック検索との提携で蔵書を公開」(ITpro、2007-07-06)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070706/276974/

・「慶応大学Googleが提携、12万冊の蔵書をネットで公開」(ITpro、2007-07-06)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070706/276938/

・「慶應Googleブック検索に12万冊データ提供」(@IT、2007-07-06)

http://www.atmarkit.co.jp/news/200707/06/keio.html

・「Googleブック検索慶應義塾図書館が参加。書籍12万冊をデジタル化」(Broadband Watch、2007-07-06)

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/18726.html

・「グーグル慶應義塾 蔵書検索で提携 12万冊、世界に公開」(FujiSankei Business i、2007-07-07)

http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200707070012a.nwc

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arg/20070709/1183916397
 |