ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2007-10-29 (Mon)

[][]2007-10-28(Sun): OPACの書誌情報に学生の感想を掲載する尚絅学園図書館の試み

・尚絅学園図書館

http://www.shokei-gakuen.ac.jp/library/

がOPACの書誌情報に学生の感想を掲載する試みに取り組んでいることを知った。

・尚絅学園図書館OPAC

http://libopac.shokei-gakuen.ac.jp/opac/expart-query?mode=2

で「学生の声」で検索するとみつかる40件がそれ。たとえば、

・「教育・保育実習安心ガイド

http://libopac.shokei-gakuen.ac.jp/opac/books-query?mode=2&code=50008851&key=B119357430206382

をみていただきたい。「一般注記」のところに、こういうコメントが載っている。

教育・保育実習を体験する前に読んでみて、よかった〜としみじみ思いました。実際に少しでも役立てたらと思います。それに…書き加えたりアンダーラインをひきたい所がたくさんあったので買いたい!と強く思った本でした。

こういった取り組みの必要性を訴えてきた者としては感動を覚える。小さな一歩のようにみえるかもしれないが、必ず大きな前進へとつながっていく。そう思うし、そう信じる。

ともあれ、尚絅学園図書館は一躍注目株に。

ちあぼんちあぼん 2007/10/30 03:25 「こういう機能があったらいいな!」と思っていたところでした。
国立国会図書館のPORTAも、そんな機能がいくつかありますね。

argarg 2007/10/30 07:48 コメントありがとうございます。>ちあぼんさん

慎重に準備し、大胆に実施する。という姿勢で図書館にチャレンジしてほしいですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 |