ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2007-11-13 (Tue)

[][]2007-11-12(Mon): 第10回図書館総合展に向けて−ささやかな願い

2007-11-07(Wed)〜2007-11-09(Fri):

第9回図書館総合展

(於・神奈川県パシフィコ横浜

http://www.j-c-c.co.jp/lf09.html

が終了した。気が早いが、来年の記念すべき第10回図書館総合展に向けてのささやかな願いを順不同にいくつか記しておきたい。

  1. レセプションを開こう
  2. Libraray of the Yearを洗練させよう
    • まずLibraray of the Yearの決定に際しては、全館放送で会場中に周知しよう。いっそ、上に書いたクロージングレセプションの中で実施するといい。
    • Librarian of the Yearも授与しよう。表彰対象図書館という施設に限ることはない。図書館員であるとなしとに関係なく、個人も表彰されるようにしよう。
  3. サイトを充実させよう
  4. 会場の導線をよくしよう
    • フォーラムとブースの間にある距離を縮めよう。大きな円形ブース会場の周囲をフォーラム会場がぐるっと取り囲むような配置ならうれしい。
  5. 出会いの広場をつくろう
    • 会場で会えると思っていても結局知り合いに会えずじまいに終わらないようにしよう。たとえば、会場の中央にある喫茶ブースをもっと気楽に集える空間に変えていこう。
    • 初対面の方も歓迎という人向けに出会いの広場には自己PRの場もつくりたい。○○さん滞在中といった大きな表札を立てて、一度会ってみたいと思っていた人に出会えるようにしよう。
  6. 学生を大事にしよう
  7. 自由な議論の場を設けよう
    • フォーラムという形式にとらわれず、自由に参加できる議論の場を設けよう。参加者は入れ替わり立ち替わりでよい。テーマを決めておいて、その話題について誰もが自由に語れるといいだろう。
  8. 一年のまとめをしよう

以上8点、図書館総合展の事務局の方々にはぜひご検討いただきたい。なお、これらの8点はすべて私の独創ではなく、図書館総合展でお目にかかった方々との間で話題になったことを多々含んでいる。

argarg 2007/11/15 08:32 tzhさんには、某省幹部のようにGPS携帯を持っていただきませんと。>「○○さん滞在中」札

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 |