ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2007-12-10 (Mon)

[]2007-12-04(Tue): 図書館によるソーシャルブックマーク活用−パスファインダーに代えて

私立大学図書館協会東地区部会研修会で「学術情報流通の「これまで」と「これから」−大学図書館に「みえるもの」と「みえないもの」」と題して講演したのだが、

・「私立大学図書館協会東地区部会研修会で講演」(編集日誌、2007-11-29

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071203/1196614151

そのときの質疑でのやりとりを受けて、次の記事が書かれている。

・「SBMを図書館が運営し……」(愚智提衡而立治之至也、2007-12-02

http://jurosodoh.cocolog-nifty.com/memorandum/2007/12/post_e65a.html

「「ソーシャルブックマーク形式によるパスファインダーアイデア」には私も可能性を感じている。手軽さの点、図書館員コミュニティーパワーを活用できる点でパスファインダーよりもコストが低く、逆に成果はより大きいのではないだろうか。似たアイデア日本病院ライブラリー協会2007年度第1回研修会で話し、その後「ほすぴたる らいぶらりあん」32-3(日本病院ライブラリー協会、2007-09-20)に収めていただている。

・「日本病院ライブラリー協会2007年度第1回研修会で講演」(編集日誌、2007-05-12)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070512/1178958638

・「「ほすぴたる らいぶらりあん」に記事掲載」(編集日誌、2007-10-04

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071006/1191602742

既存のソーシャルブックマークサービスの機能では、一長一短もあり、思い描いたものをそのまま実現はできないだろう。だが、検討には値し、まず試行してみる価値があると思う。

 |