ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2007-12-10 (Mon)

[][]2007-12-06(Thu): 愛媛大学広報シンポジウムで講演とディスカッション

愛媛大学広報シンポジウム「いま、愛媛大学広報を考える」で、「大学広報と学術研究情報大学ウェブ広報における「研究」の位置」と題して講演とディスカッション

・「大学広報と学術研究情報大学ウェブ広報における「研究」の位置」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/ehime_univ(20071206).ppt

愛媛大学

http://www.ehime-u.ac.jp/

構成としては、まず最初に愛媛大学学長亀井崇さんが挨拶、次いで現在広報推進室長についている赤間道夫さんに紹介いただきながら、『カレッジマネジメント編集長小林浩さん(リクルート)が「大学ブランド力受験生になにを伝えるか」と題して講演。次いで自分が話し、その後参加者の質疑を受けてのディスカッションとなった。

・「カレッジマネジメント

http://www.recruit.jp/service/serviceitems/collegem

http://shingakunet.com/info/57.html

亀井さんが最初に同業者を招いてのセミナーは内輪の論理に陥ってしまう可能性があり、外部からの問題提起を受けることの意味にふれられたのが印象的だった。

小林さんは、さすがリクルートの方と思うような巧みな話し方だった。実はこの機会をいただいた際に、もうお一人の講演者がリクルートの方、それも『カレッジマネジメント編集長、とうかがっていくぶん緊張した。リクルートの方とは仕事上も接することが多いのだが、話し方がよくトレーニングされている。特にポジションが上になればなるほど、口頭でのコミュニケーション力が高い。この能力の高さがなくしては、一定以上の地位まで到達できないとも聞く。この話す力というものは、営業トークといった次元の話ではない。個人や組織の考え方を伝え、理解を得て、可能な限り共感・共有を引き出す力だ。そういう意味ではプレゼンテーションの技術でも説得の技術とも違う。そういう力を持つことが尊ばれる組織の気風を実感した。

蛇足だが、話す力の上にあるのが聞く力だとも思う。仕事上でつきあいがある方で経沢香保子さん(トレンダーズ株式会社)や粟飯原理咲さん(アイランド株式会社)という企業経営者がいる。

・「人生を味わい尽くす」ブログ経沢香保子さん)

http://ameblo.jp/trenders/

・トレンダーズ株式会社

http://www.trenders.co.jp/

・毎日の暮らしに、小さな幸せを。(粟飯原理咲さん)

http://www.cafeblo.com/risaa/

・おとりよせネット

http://www.otoriyose.net/

アイランド株式会社

http://www.ai-land.co.jp/

このお二人、もちろん話す力も相当なものだが、それ以上に人の話への耳の傾け方に感心する。ちなみにお二人とも元リクルート

閑話休題小林さんの話だが、リクルートが実施した調査結果に基づきつつ、概念の説明や具体的な指摘を織り交ぜた話は非常に勉強になった。以下、参考までに私のメモを載せておこう。なお、正確性は無保証なので以下の内容をそのまま小林さんの講演内容と思わないでほしい。

大学ブランド力受験生になにを伝えるか」

  1. 大学を取り巻く環境
  2. ブランドとは何か
  3. 大学の好循環経営とは
    • ビジョンの構築:愛媛大学は達成
    • だが、具体性に欠く。例:「愛媛大学憲章」における「地域」とはどこか。
  4. 学内・学外コミュニケーション
  5. 募集ブランド力調査2007

小林さんの講演後の休憩中に愛媛大学学長小松正幸さんに挨拶小松さんは、

・「学長日記学長ブログ(2)」(編集日誌、2007-12-02

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071203/1196614148

で書いたように、国立大学学長としては初めてブログに取り組んだ方である。

無為自然 blog

http://stuwebmin.stu.ehime-u.ac.jp/blog/

・「愛媛大学学長ブログ無為自然Blog」を公開」(新着・新発見リソース、2005-11-28)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20051128/1133108776

わずかな時間ではあったが、お目にかかれてよかった。

さて、自分の講演についてはレジュメを参照してほしい。趣旨としては、

・「ゴメスコンサルティング、「2007年8月大学サイトランキング」を発表」(新着・新発見リソース、2007-09-09 )

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070909/1189268499

で記したことを敷衍している。端的にいえば、大学サイトランキング

株式会社地域科学研究会高等教育情報センター

http://www.chiikikagaku-k.co.jp/kkjhp/kkj.htm

株式会社アートスタッフ

http://www.artstaff.co.jp/

が運営する大学ウェブ広報セミナーが生み出している大学ウェブ広報ブームにただ左右されるてはいけない、というのがメッセージの一つ。そして、大学の本質として「教育」とともに両輪をなす「研究」を、特にその担い手である研究者個人の力を生かしつつ、研究の「成果」だけでなく、「過程」も含めて発信することを考えるべきだ、というのがもう一つのメッセージ

なお、紹介したサイトは以下の通り。

・AkamacHomePage(赤間道夫さん)

http://www.cpm.ll.ehime-u.ac.jp/AkamacHomePage/Akamacj.html

統計リンク集佐藤智秋さん)

http://cpmserv.cpm.ehime-u.ac.jp/sato/link/

・KIU教員ブログ九州国際大学

http://www.kiu.ac.jp/MTfaculty/

信州大学人文学部教員BLOG信州大学

http://fan.shinshu-u.ac.jp/kyouin/

・「教員BLOGは成功するか」(編集日誌、2006-04-14

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060417/1145205291

・「続・教員ブログ」(編集日誌、2006-04-26

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060503/1146660870

関西学院大学21世紀COEプログラム「『人類幸福に資する社会調査』の研究

http://coe.kgu-jp.com/

関西学院大学21世紀COEプログラムメールマガジン

http://blog.mag2.com/m/log/0000178057/

T lounge blog東京大学工学部広報

http://d.hatena.ne.jp/ut-tlounge/

・カソウケン(家庭科総合研究所

http://www.kasoken.com/

2人の講演を受けてディスカッションとなった。

冒頭に小林さんがリクルートがでがけた国際基督教大学(ICU)のプロモーション事例を紹介してくださった。国際基督教大学(ICU)は2008年4月に学科制度の廃止を中心とした大規模な制度変更を行う。

国際基督教大学(ICU) - 2008年4月教学改革を実施します

http://subsite.icu.ac.jp/oar/

この制度改革のプロモーションリクルートが担っており、以下のような取り組みを実施したという。

リクルート進学ネット - 国際基督教大学(ICU) - 世界が欲しい人間力

http://shingakunet.com/special/10027101/0258/

リクルート進学ネット - 国際基督教大学(ICU) - あなたをもっとリベラルにします

http://shingakunet.com/special/10052001/0258/

国際基督教大学(ICU) - Make yourself free! あなたにとってICUとは?

http://subsite.icu.ac.jp/prc/message/

国際基督教大学(ICU) - ICUの交通広告(駅貼りポスター)を掲出中

http://www.icu.ac.jp/news/2007/070409.html

国際基督教大学(ICU) - 武蔵境駅(JR中央線)ホームに電飾看板を設置

http://www.icu.ac.jp/news/2007/070701.html

・ICU Webcampus

http://subsite.icu.ac.jp/prc/webcampus/

国際基督教大学(ICU)の改革の方向性についての考えは以前述べているが、

・「国際基督教大学(ICU)の制度改革に思う」(編集日誌、2007-10-18

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071022/1193008325

プロモーション事例として非常に興味深かった。

さて、ディスカッションでは様々な質問をいただいたが、いくつか補っておきたい。

東京大学のような有力国立大学とは異なる地方国立大学が人事面でどのような対応をとれるのかという話が出たが、やはり国立大学法人としての特性を生かし、雇用を弾力化することが欠かせないと思う。これは教員に限らず、職員についてもいえる。実質的な職員を特任準教授という形で雇用する東京大学の手法は実にうまい

雇用には必ず資金が必要だが、地方国立大学ではその予算学内では捻出しにくく、外部資金に頼らざるを得ないようだ。この実態については詳しくないので、いまはこれ以上踏み込めない。だが、学内での合意を形成を経たうえで、重点化すべき部門の雇用学内予算で確保できるようにならないだろうか。もちろん、どこの大学であっても、その困難さは十分に察せられるが……。

中四国地域といった地域的な枠組みで横断的なネットワークをまとめあげる話も出た。これについては顰蹙を買うことを承知であくまで特定分野でのトップリーグを目指すのか、それともたとえば、四国アイランドリーグのような上部リーグへの人材供給を前提とする補助的組織を目指すのか、議論の余地があると思う。

以上、手許のメモを元にしつつ。

ここ数年、図書館関係のことを考える機会が多かった。それだけに、今回のシンポジウムは自分自身の立ち位置を見つめ直し、今後の方向性を考える意味でも非常に貴重な機会となった。赤間道夫さんをはじめ、すばらしい機会を与えてくださった愛媛大学の皆さまに感謝したい。

akamacakamac 2007/12/10 18:44 おふたりの話は,共感するところが多かった。それにつけても岡本さん
とは世代間断層があるはずなのに,それを感じないのは,小生が「若い」
からなのか,岡本さんが「熟成」しているからなのか。

argarg 2007/12/11 00:40 いやいや、やはりakamacさんの若さでしょう。私にとって、いまだにakamacさんは年齢不詳ですから。

でも真面目な話、思想的な立ち位置といいますか、平田清明さんや丸山眞男さんを一つの軸に知のつながりが脈々とあることに感動しました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 |