ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2008-01-04 (Fri)

[]2008-01-02(Wed): 探索:大学図書館の銘(2)

年内には「探索:大学図書館の銘(2)」をお届けしたいと思う。

・「ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第8回」(編集日誌、2007-12-12

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071216/1197784608

と書いたが、年を越してしまった。ライブラリー・アカデミーの受講生の皆さんに課題として取り組んでいただいた結果を紹介したい。

ここで紹介するのは、

・「ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第7回」(編集日誌、2007-11-28)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071203/1196614152

で詳しく述べているが、あくまでウェブリソースの探索と評価の演習と課題の一環として取り組んだ成果である。そのため紹介している事例は、基本的にウェブ上に情報があるものに限られている。なお、探索にあたっては黒澤公人さんの

図書館に刻まれる言葉

http://subsite.icu.ac.jp/people/kimito/libbktb.html

を参考にしている場合がある。また、今回紹介するのは大学図書館の事例だけである。学校図書館の事例や図書館以外の事例もレポートしていただいたので、それらについては別途紹介したい。

  1. 館名:昭和女子大学図書館
  2. 館名:小樽商科大学附属図書館
  3. 館名:一橋大学附属図書館
  4. 館名:静岡大学附属図書館
  5. 館名:専修大学図書館生田分館
  6. 館名:専修大学神田分館
  7. 館名:就実大学図書館
  8. 館名:武蔵学院大学武蔵野短期大学図書館
  9. 館名:茨城県医療大学図書館
  10. 館名:琉球大学附属図書館
  11. 館名:神戸女学院大学図書館
  12. 館名:実践女子大学図書館
  13. 館名:慶應義塾大学図書館
  14. 館名:国士舘大学附属図書館
  15. 館名:首都大学東京情報センター
  16. 館名:明治大学中央図書館
  17. 館名:早稲田大学中央図書館
  18. 館名:日本女子大学図書館
  19. 館名:東京女子大学図書館
  20. 館名:和光大学梅根記念図書館
  21. 館名:明治学院大学横浜図書館白金図書館
  22. 館名:日本歯科大学生歯学部図書館
  23. 館名:沖縄キリスト教学院図書館

さて、結果は以上の通り。悉皆調査をしたわけではないので、この結果から傾向を論じることはできないが、やはり国立国会図書館が掲げている「真理がわれらを自由にする」の原型でもある「真理はあなたたちを自由にする」(『聖書』「ヨハネによる福音書」)が多い。また、立派な銘を掲げているにも関わらず、図書館サイトではほとんどまともに扱われていないことは非常に残念。図書館サイトトップページに掲げるなどすれば、ずいぶんと印象的だと思うのだが……。

国立国会図書館 - 真理がわれらを自由にする

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/shinri.html

・「探索:大学図書館の銘」(編集日誌、2007-11-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071120/1195490783

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 |