ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2008-05-14 (Wed)

[]2008-05-11(Sun): もし、Library 2.0派やOPAC 2.0派というものが存在するとしても

あえてとりあげることもないと思いもする……。だが、本意と異なるイメージが広まってもうれしくないので、書いておこう。次のような発言がある。

レコメンドだとか、そういうノイジーな機能を求める人がいる一方、今の、図書館検索システムって非常に貧弱だ。とくに、主題で検索するとひどい。

・「図書館検索システムに足りないもの」(ほどよい司書日記、2008-05-07)

http://moderate.cocolog-nifty.com/hodoyoi/2008/05/post_90ea.html

レコメンドなんて、余計なおせっかいで役に立った試しがない。それより、もっと、いろいろな条件で検索できることの方が重要だ。他人の動向で本なんか読まない。ベストセラーをひたすら追いかけている、わけのわからない老人と違うのだ。

・「練馬区図書館の貸出し記録保存の問題」(ほどよい司書日記、2008-02-26)

http://moderate.cocolog-nifty.com/hodoyoi/2008/02/post_9bf1.html

貸出記録の活用を訴えている人々は別にレコメンドの実現だけを求めているわけではないだろう。私自身もその一人。たとえば、貸出記録を活用すれば検索精度が向上する可能性もある。貸出記録の活用レコメンドの実現だけとはとらえないでほしい。

screenshot

screenshot

screenshot


ついでに、図書館におけるウェブ活用の可能性を予断抜きに考えたい方におススメの研究や文献を少しだけ紹介しておきたい。否定から入るのではなく、あらゆる可能性をまずは肯定して考えていくことが大事と思う。

たとえば、

・清田陽司さん

http://www.r.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/~kiyota/

研究図書館ウェブ活用に関心がある方には知っておいてほしい。その清田さんが経営に関わっている

株式会社リッテル

http://www.littel.co.jp/

も注目企業の一つ。また、レコメンドの仕組みをきちんと理解したい方には、

人工知能学会

http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/journal/contents/

のVol.22 No.6(2007-11)、Vol.23 No.1(2008-01)、Vol.23 No.2(2008-03)に連載された神嶌敏弘さんの「推薦システムアルゴリズム」を通読することをおススメしたい。

・神嶌敏弘さん

http://www.kamishima.net/jp/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arg/20080514/1210718512
 |