ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2009-02-15 (Sun)

[]2009-02-14(Sat): トークセッション自律進化するデータベースはつくれるか」に参加

一昨日のことだが、

2009-02-12(Thu):

長尾真氏・池上高志氏「自律進化するデータベースはつくれるか」

(於・東京都/d-labo/dream laboratory by SURUGA bank)

http://www.d-labo-midtown.com/d-log-detail.php?id=90

に参加。当日の模様は、

・「図書館は視えなくなるか?」(Traveling LIBRARIAN −旅する図書館屋、2009-02-14

http://d.hatena.ne.jp/yashimaru/20090214

・「トークセッション自律進化するデータベースはつくれるか』(長尾真 × 池上高志)を聞いてきました」(かたつむり電子図書館の夢をみるか、2009-02-13)

http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20090213/1234544874

に詳しい。刺激される話題も多かったのだが、今後も続く催しということなので、運営への希望を一つ二つ。

司会の方が聴衆の中の知り合いに話題をふるシーンがあった。ああいうときは、仮に指名した相手がどれほどの有名人であっても、きちんと他の聴衆にわかるように、その方を簡単に紹介してほしい。そうでないと、なぜその人なのかがわからない上、他の聴衆に疎外感を与えてしまう。

もう一つ。聴衆が発言する際、自己紹介を義務づけてほしい。

この2つは、オープンイベントを催す上での運営サイドの必須条件ではないかと思う。

leelee 2009/02/16 15:11 初めまして、当日ファシリテータを努めましたmattの李です。ご指摘はその通りで、二回目以降は気をつけたいと思います。
また機会がありましたら内容についてのご感想もお聞かせください。

krrkrr 2009/02/16 21:17 イベント企画者の一人、倉重です。ご指摘ありがとうございます。今後に活かし、より良いイベントにしたいと思います。

argarg 2009/02/18 07:35 >leeさん、krrさん

当日はお疲れ様でした。
次回以降も楽しみにしています。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 | 
Connection: close