ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2009-07-26 (Sun)

[][]2009-07-25(Sat): 情報処理学会 第83回人文科学コンピュータ研究会発表会に参加、帝塚山大学生駒キャンパス図書館見学

f:id:arg:20090725211957j:image:w300

今年度から、

情報処理学会 人文科学コンピュータ研究会

http://jinmoncom.jp/

の運営委員になった関係で、

2009-07-25(Sat)〜2009-07-26(Sun):

情報処理学会 第83回人文科学コンピュータ研究会発表会

(於・奈良県帝塚山大学生駒キャンパス

http://jinmoncom.jp/

に午後から参加。場所は奈良県帝塚山大学生駒キャンパス。考えてみれば、この1年で奈良は3回目だ。

さて、研究会初日はセッション2(時空間分析システム)とセッション3(古地図の蓄積・分析)を聴講。研究発表は以下の通り。適宜関連するサイトへのリンクを補っておこう。

もっとも感動したのが、平井松午さんの発表。

screenshot screenshot

上にあげた

徳島大学附属図書館所蔵貴重資料高精細デジタルアーカイブ

http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/~archive/

徳島大学附属図書館所蔵蜂須賀家家臣団家譜史料データベース

http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/dbhachi/hachi.html

活用して研究に取り組まれていることがよくわかる内容だった。その前のセッション歴史系のデータベース研究用途のものと、教育・一般用途のものとにわかれるのかどうか、という議論があったのだが、その議論への間接的ながら明瞭な回答になっていたと思う。

ちなみに、

徳島大学附属図書館所蔵貴重資料高精細デジタルアーカイブ

http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/~archive/

トップページ右下に「関連論文」というリンクがあり、ここをクリックすると、

徳島大学所蔵の古絵図・古地図に関連する論文

http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/~archive/ronbun/ronbun.html

に移動する。発表者の平井さんの論文も掲載されており、徳島大学附属図書館図書館に関わる研究成果を大切にしていることがうかがえる。これはみならいたい点。大学図書館は様々な学術資源を構築・公開しているわけだが、それに関わる研究成果、そしてそこから出てきた研究成果を学術資源と結びつけてまとめていくことが必要だろう。

・「徳島大学附属図書館、蜂須賀家家臣団家譜史料データベースを公開(2007-12-01)」(新着・新発見リソース、2007-12-16)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071216/1197812497

さて、人文科学コンピュータ研究会研究発表会には以前も参加しており、その時の印象をやや手厳しく日誌に書いたことがある。

・「研究会文化の違い−情報処理学会 人文科学コンピュータ研究会第78回研究発表会に部分的に参加して」(編集日誌、2008-05-24)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080525/1211727053

別に私の指摘を受けてというわけではないだろうが、今回はコメンテーターを設ける形式での運営だった。セッションごとにまず発表者が発表し、その後、コメンテーターがまとめてコメントし、以降はパネルディスカッション風に進むという流れだった。セッションごとにテーマがあるとはいえ、最初はうまくいくのか案じたが、結果としては非常にいい進行になっていたと思う。これは座長コメンテーター、そして論点をある程度集約しようと務めた発表者の努力によるところが大きいが、そのおかげで聴衆にとっても非常に収穫の多い研究集会だった。

さて、セッション間の休憩時間に、帝塚山大学生駒キャンパス図書館見学してきた。

f:id:arg:20090725142603j:image:w200 f:id:arg:20090725142522j:image:w200

帝塚山大学図書館

http://opac.tezukayama-u.ac.jp/lib/

残念ながら館内の写真を撮れなかったので、実際の風景は、

帝塚山大学生駒キャンパス図書館 施設案内

http://opac.tezukayama-u.ac.jp/lib/hfloor_tbl.html

を参考にしてほしい。

感心した点がいくつかあった。

まずは、地球儀の話から。2階の閲覧室のレファレンスコーナーには地球儀が2つ置かれていた。それも小さなものではない。直径50センチ以上はあろうかという大きなものだ。確かに地球儀は決して飾りではなく、重要レファレンス資料であることに気づかされた。

2つ目は、4階にある長沢文庫。この文庫は元教員の故・長沢信寿さんの旧蔵書とのこと。調べてみると長沢さんは、西洋古代哲学宗教等、幅広い研究に取り組まれた方だったようだ。さて、文庫だが、一般の書架の中に、そこだけガラス張りの本棚が並べられ、そこに収められている。この種のコレクションは保存・管理の観点から、別の部屋に置くことも多いが、こうやって利用者の目にふれやすいところに置くのも一つの見識。

最後は、2階の新着図書コーナーにあった「借り出し可」という表記だ。講演や講義の際にふれることがあるが、図書館不思議用語の一つに「貸出」がある。利用者ではなく、図書館ライブラリアン主語にしたいささか古めかしい表現。図書館ライブラリアンの潜在的な意識を変えていくためにも「貸出」ではなく「借出」という表現がふさわしいと思っているのだが、よい実例がみつかった。ちなみに完全に統一はされていないものの

帝塚山大学図書館

http://opac.tezukayama-u.ac.jp/lib/

でも「借出」という表現が多々見られる。帝塚山大学図書館ではある程度意識して、「借出」という表現を用いているのだろう。実際のところを、ぜひ帝塚山大学図書館ライブラリアンの方にうかがってみたいものだ。

 |