ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-09-27 (Sat)

[][]京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」、サイトを公開(2008-07-08)

screenshot

京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」がサイトを公開した(2008-07-08)。

京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」

http://www.socio.kyoto-u.ac.jp/intimacy/

京都大学グローバルCOEプログラム

http://www.rpd.gcoe.kyoto-u.ac.jp/

京都大学

http://www.kyoto-u.ac.jp/

現時点では、サイトの内容は研究計画の基本的な内容にとどまっているが、今後充実していくものと思いたい。研究計画の基本方針に「若手研究者や院生は、これらの研究活動への参加を通じて、研究と発信の力を獲得します」と謳っている以上、プログラムのサイトも発信を自ら実践するものであってほしい。


[][]京都大学グローバルCOEプログラム「普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学−フロンティア開拓のための自立的人材養成」、サイトを公開(2008-07-08)

screenshot

京都大学グローバルCOEプログラム「普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学−フロンティア開拓のための自立的人材養成」がサイトを公開した(2008-07-08)。

京都大学グローバルCOEプログラム「普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学−フロンティア開拓のための自立的人材養成」

http://www.scphys.kyoto-u.ac.jp/gcoe/

京都大学グローバルCOEプログラム

http://www.rpd.gcoe.kyoto-u.ac.jp/

京都大学

http://www.kyoto-u.ac.jp/

サイトの内容はまだ構築中のようだが、今後の進展に期待したい。まずは「目的と計画概要」のリンク先がPDFファイルである点をあらためてほしい。なお、このプログラムは組織として、アウトリーチ委員会とホームページ委員会を設けている。これらの委員会が形だけのものではないことを示すようなサイト構築を果たしてほしい。

2008-03-23 (Sun)

[][][]愛媛大学グローバルCOEプログラム「化学物質の環境科学教育研究拠点」のサイトを公開(2008-02-29)

screenshot

愛媛大学グローバルCOEプログラム「化学物質の環境科学教育研究拠点」のサイトが公開された(2008-02-29)。

愛媛大学グローバルCOEプログラム「化学物質の環境科学教育研究拠点

http://ehime-u.cyber-earth.jp/g-coe2007/jp/index.aspx

・「グローバルCOEプログラム 正式ホームページを開設しました」(2008-03-03)

http://www.ehime-u.ac.jp/whatsnew/1910/1910.html

愛媛大学

http://www.ehime-u.ac.jp/

愛媛大学の支援体制

http://ehime-u.cyber-earth.jp/g-coe2007/jp/introduce/support.aspx

・評価

http://ehime-u.cyber-earth.jp/g-coe2007/jp/value/index.aspx

といったページもあり、今後の充実を期待させるのだが、多用している画像にALT指定がされていないのはいただけない。せっかく情報を発信しても、これではその価値が半減してしまうので、ぜひ改善してほしい。