ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-01-24 (Sun)

[][]思文閣美術館、思文閣美術館blogを公開(2009-12-01)

screenshot

思文閣美術館が思文閣美術館blogを公開した(2009-12-01)。

・思文閣美術館blog

http://artmshibunkaku.blog12.fc2.com/

・「12/1 ブログはじめました。」(思文閣美術館blog、2009-12-01)

http://artmshibunkaku.blog12.fc2.com/blog-date-20091201.html

・思文閣美術館

http://www.shibunkaku.co.jp/artm/

主に企画展に関する情報を発信していくようだ。

2009-12-21 (Mon)

[][][]慶應義塾大学アートセンターブログ慶應義塾大学アートセンターアーカイヴ|RCAAA / Archives」を公開(2009-08-16)

screenshot

慶應義塾大学アートセンターブログ慶應義塾大学アートセンターアーカイヴ|RCAAA / Archives」を公開した(2009-08-16)。

慶應義塾大学アートセンターアーカイヴ|RCAAA / Archives

http://d.hatena.ne.jp/rcaaa-a/

・「慶應義塾大学アートセンターアーカイヴ ブログオープン」(慶應義塾大学アートセンターアーカイヴ|RCAAA / Archives、2009-08-16)

http://d.hatena.ne.jp/rcaaa-a/20090816/1250589334

慶應義塾大学アートセンター

http://d.hatena.ne.jp/rcaaa-a/

センターが構築を進める土方巽瀧口修造、ノグチ・ルーム、油井正一に関する各アーカイブの主にイベント情報を発信している。これはこれでありがたいのだが、同センターアーカイブは「身体的感性と知が交通する新しい場」と規定され、現時点では、土方巽アーカイヴのごく一部のデータウェブで公開されているにすぎない。いきなり、すべてのデータウェブで公開することが難しくても、各アーカイブにどのような資料が収められているのか、そしてそれらの資料はどのような魅力を持っているのかを、ぜひこのブログで紹介していってほしい。

なお、ブログ公開の2日後の2009年8月18日からTwitterによる情報発信も始まっている。

慶應義塾大学アートセンター (rcaaa) on Twitter

http://twitter.com/rcaaa


[][][]渋沢栄一記念財団、渡米実業団のページを追加(2009-08-14)

screenshot

渋沢栄一記念財団が渡米実業団のページを追加した(2009-08-14)。

・渡米実業団

http://www.shibusawa.or.jp/eiichi/1909/

渋沢栄一記念財団 実業史研究情報センター

http://www.shibusawa.or.jp/center/

渋沢栄一記念財団

http://www.shibusawa.or.jp/

「渡米実業団 (Honorary Commercial Commissioners of Japan to the United States of America)」とは、100年前の2009年に「近代日本資本主義の父」と称される渋沢栄一1840年1931年)自らが団長となって行われた民間経済外交。渋沢を筆頭に民間人51人が参加し、当時の大統領であったウィリアム・タフト(1857年〜1930年)や発明王トーマス・エジソン(1847年〜1931年)と面会したという。

新たに追加されたページでは団員のプロフィールアメリカでの旅程、渡米に同行した児童文学者・巌谷小波による絵葉書等を公開している。

また、当時の日程にあわせて、100年前の様子を連日伝える

・「渡米実業団」日録−実業史研究情報センターブログ別館

http://d.hatena.ne.jp/tobeijitsugyodan/

も開設されている。

2009-10-25 (Sun)

[][][]アート・ドキュメンテーション学会、JADS:アート・ドキュメンテーション学会 BLOGを公開(2009-07-23)

screenshot

アート・ドキュメンテーション学会がJADS:アート・ドキュメンテーション学会 BLOGを公開した(2009-07-23)。

・JADS:アート・ドキュメンテーション学会 BLOG

http://d.hatena.ne.jp/JADS/

・「JADS(アート・ドキュメンテーション学会)のブログです」(JADS:アート・ドキュメンテーション学会 BLOG、2009-07-23)

http://d.hatena.ne.jp/JADS/20090723/1248349905

アート・ドキュメンテーション学会

http://www.jads.org/

これまでのところ学会からのお知らせと、広い意味でアート・ドキュメンテーションに関わる催しの案内が随時記事となっている。これはこれで継続しつつ、たとえば、

アート・ドキュメンテーション関係文献目録

http://www.jads.org/pub/ref/

に未収録の新着文献を随時紹介していくことなどは、ブログを使うのに適しているのではないだろうか。


[][]機関リポジトリ(IR)と図書館間貸出(ILL)の担当者によるブログ「I'll」、公開(2009-07-23)

screenshot

機関リポジトリ(IR)と図書館間貸出(ILL)の双方を担当するライブラリアンによるブログ「I'll」が公開された(2009-07-23)。

・I'll

http://drf.lib.hokudai.ac.jp/ircuresill/

・「はじめました」(I'll、2009-07-23)

http://drf.lib.hokudai.ac.jp/ircuresill/?p=3

「I'll」は「IR」と「ILL」の合成語からのネーミング。9月以降、あまり活発な更新状況ではないのに加え、話題が「IR」と「ILL」それぞれの話に留まっているように思える。「IR」+「ILL」、ひいては「IR」×「ILL」といった価値観を提示する記事を期待したい。


[][]東京大学グローバルCOE「理工連携による化学イノベーション」、ブログを公開(2009-07-07)

screenshot

東京大学グローバルCOE「理工連携による化学イノベーション」がブログを公開した(2009-07-07)。

・東京大学グローバルCOE「理工連携による化学イノベーション」ブログ

http://d.hatena.ne.jp/TodaiGCOE/

・「グローバルCOE「理工連携による化学イノベーション」ブログスタート!」(東京大学グローバルCOE「理工連携による化学イノベーション」ブログ、2009-07-07)

http://d.hatena.ne.jp/TodaiGCOE/20090707/1246934425

・東京大学グローバルCOE「理工連携による化学イノベーション」

http://www.coe.s.u-tokyo.ac.jp/chemistry/

2009-09-22 (Tue)

[][][]鶴見大学図書館、鶴見大学図書館ブログを公開(2009-06-15)

screenshot

鶴見大学図書館が鶴見大学図書館ブログを公開した(2009-06-15)。

・鶴見大学図書館ブログ

http://blog.tsurumi-u.ac.jp/library/

・「ブログ開設」(鶴見大学図書館ブログ、2009-06-15)

http://blog.tsurumi-u.ac.jp/library/2009/06/post-1c0d.html

・鶴見大学図書館

http://library.tsurumi-u.ac.jp/library/

頻繁に更新されており、図書館での催しや、図書館の業務内容が伝わってくる。なお、せっかくの図書館ブログなのに、図書館サイトへのリンクがないことは残念。単なるつけ忘れだと思うが、ブログの記事から図書館に関心を持った方々を図書館サイトに誘導するためにもぜひリンクをつけてほしい。

2009-09-01 (Tue)

[][][]2009-09-01(Tue): 図書館総合展/学術情報オープンサミット事務局ブログを開設

screenshot screenshot

私自身は正式な事務局スタッフというわけではないのですが、

・「第10回図書館総合展に向けて−ささやかな願い」(編集日誌、2007-11-12)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071113/1194907239

を書いて以降、事務局の方々に声をかけていただき、ボランタリーな立場で開催のお手伝いをしています。今年は、

2009-11-10(Tue)〜2009-11-12(Thu):

第11回図書館総合展/学術情報オープンサミット2009

(於・神奈川県/パシフィコ横浜

http://www.j-c-c.co.jp/library/

という日程で開催予定ですが、上記の記事で述べた

  • サイトを充実させよう
    • まずはもっとみやすく使いやすいものへとしよう。主催者も面目を一新するようなイベントサイトに衣替えしよう。
    • 当然、セミナー参加の申し込みは一括して行えるようにしよう。そして、サイトでフォーラムの参加日程やブースの来訪日程を管理できるようにしよう。欲をいえば、同じセミナーの参加者の名簿をみれるようにしよう。
    • フォーラムやブースごとにブログなどでの感想を受け付けられるようにしよう。まずはブログのトラックバックが手始めだろう。

の一つとして、事務局ブログを本日から公開しました

図書館総合展/学術情報オープンサミット事務局ブログ

http://d.hatena.ne.jp/sogoten/

・「図書館総合展/学術情報オープンサミット事務局ブログを開設」(図書館総合展/学術情報オープンサミット事務局ブログ、2009-09-01)

http://d.hatena.ne.jp/sogoten/20090901/p1

今後、開催当日に向けて、

  1. 事務局からのお知らせ
  2. 出展者情報
  3. フォーラム情報
  4. 事務局日誌
  5. ご当地情報

をお届けしていく予定です。どうぞご愛顧ください。

なお、ブログ運営のサポーターを募集しています。関心のある方は、arg.editor@gmail.comまでご連絡ください。無給ではありますが、金銭には代えられない経験と関係が得られるかと思います。