ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-03-27 (Fri)

[][][]2009-03-23(Mon): TRCライブラリーアカデミーインターネット時代のライブラリアン2008」の満足度

TRCライブラリーアカデミー担当した講座「インターネット時代のライブラリアン2008」の受講生アンケートの結果が届いた。実は可能な限り、自分講義・講演は受講者・参加者に満足度を100点満点で採点してもらっている。これは、

人が集まる !行列ができる !講座、イベントの作り方 (講談社+α新書)

・『人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方』

(牟田静香著、講談社α新書2007年、840円)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062139065/arg-22/

を読んで以来やっている。もちろん、数値化することがすべてではないし、定性的にしか測れないものがあることは承知しているが、とにかく理屈抜きでの客観指標となるものが必要だとも思ってのこと。牟田さんの教えにあらためて感謝したい。

さて、アンケート結果だが、平均92.7点だった。手前味噌と思われもしようが、最低限受講者に報告すべきであろうし、そして受講者のブログを熱心にお読みいただき、講座を間接的に盛り上げてくださった方々にも共有すべきだろう。前回は88.3点だったので、いくぶん上昇したことは嬉しい。だが、この上積みは私の力というより、ゲスト参加してくださった方々や受講者のブログに熱心にコメントトラックバックを寄せていただいた方々の力によるものだろう。心から感謝したい。

・「ライブラリーアカデミーインターネット時代のライブラリアン2008」開講」(編集日誌、2008-12-03)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081203/1228302837

・「ライブラリーアカデミー2回目講義」(編集日誌、2008-12-17)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081218/1229528732

・「ライブラリーアカデミー3回目講義」(編集日誌、2009-01-07

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090108/1231369326

・「ライブラリーアカデミー4回目講義OPAC再考」演習」(編集日誌、2009-01-21)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090123/1232665285

・「ライブラリーアカデミー第5回講義−「レファレンス再考」」(編集日誌、2009-02-04

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090205/1233786588

・「第6回講義−「レファレンス再考」演習」(編集日誌、2009-02-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090220/1235056339