ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-06-22 (Mon)

[][][]岡野裕行さん、文学研究会サイト文学館館報一覧を公開(2009-04-01

screenshot

岡野裕行さんが文学研究会サイト文学館館報一覧を公開した(2009-04-01)。

文学館館報一覧

http://www.literarymuseum.net/bulletinlist.html

文学研究会

http://www.literarymuseum.net/

・「「文学館館報一覧」を新規作成しました」(Literary Museum Studies、2009-04-01

http://d.hatena.ne.jp/literarymuseum/20090401/p1

「館報のPDF版を公開している文学館の情報」がリスト化されている。

2009-03-01 (Sun)

[][]岡野裕行さん、文学研究会サイトを公開(2009-01-26)

screenshot

岡野裕行さんが文学研究会を設立し、サイトを公開した(2009-01-26)。

文学研究会

http://www.literarymuseum.net/

・「文学研究会を設立しました」(Literary Museum Studies、2009-01-26)

http://d.hatena.ne.jp/literarymuseum/20090126/p1

研究会の設立意図は、

岡野裕行「「図書館としての文学館」試論−文学研究の確立とウェブの活用構想」(本誌363号、2009-02-24)

http://archive.mag2.com/0000005669/20090224092010000.html

に詳しい。サイトでは、、文学館一覧や文学館が主催する文学賞の一覧が公開されている。

・「岡野裕行さん、ブログ「Literary Museum Studies」を公開(2008-07-12)」(新着・新発見リソース、2008-08-09)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080809/1218209396

・「岡野裕行さん、Literary Museum Studies - wiki sideを公開(2008-08-22)」(新着・新発見リソース2008-08-31

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080831/1220153559