ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-01-27 (Sun)

[][]沖縄県公文書館沖縄県公報画像データベース試験公開

screenshot

沖縄県公文書館沖縄県公報画像データベース試験公開した(2007-12-21)。

沖縄県公報画像データベース

http://www.archives.pref.okinawa.jp/Scripts/kenkouhou/namazu.cgi.exe

沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/

沖縄県公報は同県による公式報告で条例や規則、告示や訓令を掲載している。このデータベースでは、1972年5月15日から1979年12月末までの沖縄県公報を検索・閲覧できる。ただし、1975年の公報が一部含まれていない。1972年5月15日沖縄復帰以前の「琉球政府公報」や2003年4月1日以降の沖縄県公報はそれぞれ、

琉球政府公報画像データベース

http://www.archives.pref.okinawa.jp/scripts/kouhou/namazu.cgi.exe

沖縄県公報

http://www.pref.okinawa.jp/kenkouhou/

として公開されている。

都道府県による公報のインターネット公開はすでに相当進められているが、公開範囲が過去数年にとどまっている都道府県もある。その中にあって、戦後の公報の大部分を公開している沖縄県の例は特筆に価するだろう。なお、他の都道府県の状況については、別途調査したい。


[][]沖縄県公文書館オンデマンド講演会を公開

screenshot

沖縄県公文書館オンデマンド講演会を公開した(2007-11-09)。同館が開催した講演会や講座の模様を収録した映像を自由に視聴できる。現在公開されているのは、

  1. 深沢秋人「中国薩摩琉球をどう見たか」
  2. マイケル・J・カーツ「米国における政府公文書へのアクセスの保証−米国国立公文書館・記録管理庁(NARA)の役割」

の2本。

なお、視聴にはWindowsMediaPlayerのVer9以上が必要となる。

オンデマンド講演会

http://www.archives.pref.okinawa.jp/streaming/kouza/main.html

沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/

・「沖縄県公文書館動画ストリーミング配信」(Daily Searchivist、2008-01-14)

http://d.hatena.ne.jp/searchivist/20080114#p1