ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2006-10-08 (Sun)

[][][]科学技術館メールマガジン、第100号に到達

科学技術館が発行する「科学技術館メールマガジン」が第100号に到達した(2006-09-27)。100号到達に寄せて、館長を務める有馬朗人さん(元東京大学総長・元文相)がメッセージを寄せている。また、第100号から新しい連載記事「戦後、日本を支えた100人の技術者」がスタートした。「科学技術館メールマガジン」は、組織のメールマガジンとしては珍しく毎号の部数を明記しており、第100号は4409部を配信している。創刊時()の部数が約700であることを考えると、そして科学技術館が最近の華やかなミュージアムではないことを思うと、この部数はたいしたものではないだろうか。

ところで同誌の末尾には、

※このメールマガジンの回覧・転送は自由です。内容の引用・転載の際には、「科学技術館 メールマガジン 第何号の***の記事」と注釈をいれて下さい。

という記述がある。いたずらに禁止事項を設けず、情報を伝えたいという真剣さが感じられる一文である。メールマガジンを発行する組織にはぜひ意識してほしい優れた先行例といえるだろう。

・「科学技術館メールマガジン」第100号

http://www2.jsf.or.jp/mailmaga/backnumbershow.asp?mmbn_go=0100

科学技術館メールマガジン

http://www2.jsf.or.jp/mailmaga/menu.asp

科学技術館

http://www.jsf.or.jp/

・日本科学技術振興財団

http://www2.jsf.or.jp/