ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-06-10 (Thu)

[][][]九州大学附属図書館九州大学科研データベースを公開(2010-04-07

screenshot

九州大学附属図書館九州大学科研データベースを公開した(2010-04-07)。

九州大学科研データベース

http://mars.lib.kyushu-u.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000002kaken

・「九州大学科研データベース公開」(九州大学附属図書館2010-04-07

http://www.lib.kyushu-u.ac.jp/research/item_3484.html

九州大学附属図書館

http://www.lib.kyushu-u.ac.jp/

科学研究補助金を得て、九州大学で行われた研究成果約2万2000件を検索できる。データは、国立情報学研究所NII)が運営する

・KAKEN 科学研究補助金データベース

http://kaken.nii.ac.jp/

を利用しているという。

ただ、どうもよくわからないのだが、KAKEN 科学研究補助金データベースで「研究者所属機関」に「九州大学」を指定して検索しても、「代表者のみ」をチェックすると約1万5000件、「代表者のみ」をチェックしなくても約1万9000件しかヒットしない。対して、九州大学科研データベースでは約2万2000件がヒットするのだが、この差はどういうことだろうか。

また、このデータベースは、KAKEN 科学研究補助金データベースOpenSearchを活用しているのだろうか。

OpenSearch検索条件の書式

http://kaken.nii.ac.jp/ja/help/index.html#opensearch-form

科学研究補助金による研究成果のデータベースは、他にも、

東北大学 科研費報告書目録データベース

http://www2.library.tohoku.ac.jp/kaken/

宮崎大学 科学研究データベース

http://www-db.of.miyazaki-u.ac.jp/kaken/search1.php

福島大学附属図書館 科学研究補助金 研究成果報告書全文DB

http://www-db.of.miyazaki-u.ac.jp/kaken/search1.php

等があるが、KAKEN 科学研究補助金データベースがここまで整備されてきた以上、そろそろ全体での二重投資を避ける取り組みが求められるのではないだろうか。

2009-06-21 (Sun)

[][][]国立情報学研究所NII)、KAKEN 科学研究補助金データベースリニューアル2009-04-01

screenshot

国立情報学研究所NII)がKAKEN 科学研究補助金データベースリニューアルした(2009-04-01)。

・KAKEN 科学研究補助金データベース

http://kaken.nii.ac.jp/

過去のKAKEN 科学研究補助金データベース

http://web.archive.org/web/*/http://seika.nii.ac.jp/

・「CiNii、KAKENのリニューアル、JAIROの正式公開を行いました。」(国立情報学研究所NII)、2009-04-01

http://www.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=626

国立情報学研究所NII

http://www.nii.ac.jp/

同日にリニューアルしたCiNiiと同様、Google風のシンプル検索画面になっている。使い勝手の向上は明らかだが、なかでも嬉しいのは、研究課題の個々のページが実用性のあるパーマリンクを持ったことだ。たとえば、

メタデータ創造流通に関する研究

http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18049070

というURLで直接各課題の内容にアクセスできるようになった。もちろん、本来こうあってしかるべきことには過ぎないが、それでもこれまで改善されずに放置されてきた箇所である。その改善に尽力してくださった関係者感謝したい。

2009-04-05 (Sun)

[][]科学研究補助金 新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」、サイトを公開(2009-02-04)

screenshot

科学研究補助金 新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」のサイトが公開された(2009-02-04)。

科学研究補助金 新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」(「比較地域大国論」)

http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/rp/

まだ2008年度の後半に開始されたばかりの研究であるため、サイトの内容は乏しいが、総括班以外に計6つの研究班が設けられている。今後活発な情報発信がなされると期待したい。

  • 第1班:国際秩序の再編
  • 第2班:エリート、ガバナンス、政治社会的亀裂、価値
  • 第3班:持続的経済発展の可能性
  • 第4班:帝国の崩壊・再編と世界システム
  • 第5班:国家の輪郭と越境
  • 第6班:地域大国の文化的求心力と遠心力

2009-02-27 (Fri)

[][]科学研究補助金(新領域研究)「サンゴ礁学−複合ストレス下の生態系と人の共生・共存未来戦略」、サイトを公開(2009-01-05)

screenshot

科学研究補助金(新領域研究)「サンゴ礁学−複合ストレス下の生態系と人の共生・共存未来戦略」のサイトが公開された(2009-01-05)。

・サンゴ礁学−複合ストレス下の生態系と人の共生・共存未来戦略

http://www.coralreefscience.jp/

・新学術領域研究研究領域提案型)

http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/1218181.htm

科学研究費関係のサイトを見ていて常に感じることだが、なぜどれくらいの研究費を得ているか明記しないのだろうか。たとえば、このサンゴ礁学の趣旨に賛成する市民は少なくないだろう。市民の理解や支持深めていくために、この意義ある研究にどれだけの研究費が投じられているのか、積極的に訴えていくほうがよいのではないか。

2008-09-23 (Tue)

[][][]国立情報学研究所NII)、科学研究補助金データベース(KAKEN)に平成20年度採択課題データを追加(2008-07-28)

screenshot

国立情報学研究所NII)が科学研究補助金データベース(KAKEN)に平成20年度採択課題データ4万8573件を追加した(2008-07-28)。

科学研究補助金データベース(KAKEN)

http://seika.nii.ac.jp/

国立情報学研究所NII

http://www.nii.ac.jp/

また、2008年9月1日には、同様のデータを1003件追加している。これで科学研究補助金データベース(KAKEN)の収録件数は、58万6千件になっている。非常に重宝するデータベースだけに、先に述べた

新規に追加されたデータだけを検索できるようにならないものか。そして、更新情報を掲載するページをつくれないものか。この2点の改善を急いでほしい。

・「国立情報学研究所NII)、科学研究補助金データベース(KAKEN)に2006年度採択研究課題の二次決定分を追加」(新着・新発見リソース、2006-10-08)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20061008/1160246583

はぜひお願いしたい。

・「国立情報学研究所NII)、科学研究補助金データベース(KAKEN)に平成19年度採択課題を追加」(新着・新発見リソース、2007-06-27)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070627/1182877089


[][][]国立情報学研究所NII)、科学研究費成果公開サービス(KAKEN)試行版と研究者リゾルバー試行版を公開(2008-05-13)

screenshot screenshot

国立情報学研究所NII)の学術コンテンツサービス研究開発センターが科学研究費成果公開サービス(KAKEN)試行版と研究者リゾルバー試行版を公開した(2008-05-13)。

科学研究費成果公開サービス(KAKEN)試行版(次期 科学研究補助金採択課題・成果概要データベース ベータ版)

http://seikaplus.nii.ac.jp/

研究者リゾルバー試行版

http://rns.csc.nii.ac.jp/

・「科学研究費成果公開サービス(KAKEN)試行版および研究者リゾルバー試行版の公開について」(国立情報学研究所NII)、2008-05-13)

http://www.nii.ac.jp/news_jp/2008/05/kaken.shtml

・リリースノート「改良版研究成果公開サービス(β版)および研究者リゾルバー(α版)公開について」(国立情報学研究所NII) 学術コンテンツサービス研究開発センター、2008-05-13)

http://www.nii.ac.jp/cscenter/kaken-rns.html

国立情報学研究所NII) 学術コンテンツサービス研究開発センター

http://www.nii.ac.jp/cscenter/

国立情報学研究所NII

http://www.nii.ac.jp/

・「新Kakenサービス(β)と研究者リゾルバー(α)の公開」(Takeda's Report、2008-05-13)

http://blog.goo.ne.jp/htakeda0000/e/0b80e07475708efb0135a337ca7b53c8

・「新Kakenサービス(β)と研究者リゾルバー(α)のバージョンアップ」(Takeda's Report、2008-09-13)

http://blog.goo.ne.jp/htakeda0000/e/40ab706d749e91f9d8693885b6618612

科学研究費成果公開サービス(KAKEN)試行版は、その名の通り科学研究費成果公開サービス(KAKEN)の機能を強化したもので、論文同定と研究者同定の機能追加、リリースノートによれば「論文および研究者情報同一性マネージメントの導入」が図られている。ここでいう「同定」や「情報同一性マネージメント」とは、言ってみれば同姓同名の人名を別々のものとして切り分けることを指している。個人名で恐縮だが、たとえば「田中克己」という氏名で、

科学研究補助金データベース(KAKEN)

http://seika.nii.ac.jp/

科学研究費成果公開サービス(KAKEN)試行版(次期 科学研究補助金採択課題・成果概要データベース ベータ版)

http://seikaplus.nii.ac.jp/

をそれぞれ検索してみよう。その際、前者では検索条件を「研究代表者」に、後者では「研究者名」にするとよりわかりやすくなる。前者では

1 20908020 田中克己 神戸大学 [2008]

天文航法において数学の有用性を実感する理科や社会科に関連した総合的な単元の開発

奨励研究

2 18906014 田中克己 神戸大発達科学部附属明石中 [2006]

海事科学部との連携による人間性や学習の価値を感じるフローティングスクールの試行

奨励研究 教育学・教育社会学

3 18591967 田中克己 長崎大学 [2006-2007]

生体内の種々の条件に対応した微小血管再生と分子発現・調節

基盤研究(C) 一般 形成外科学

4 18049041 田中克己 京都大学 [2006-2008]

情報爆発に対応するコンテンツ融合と操作環境融合に関する研究

特定領域研究

という検索結果が表示される。所属大学や研究課題からみる限り、ここには、

  • 田中克己(神戸大学/教育学)
  • 田中克己(長崎大学/医学)
  • 田中克己(京都大学/情報学)

という同姓同名の3名の人物が含まれている。そして、現在正式なサービスとして提供されている科学研究補助金データベース(KAKEN)では、このうち特定の田中克己さんに限った研究課題を絞り込むことはできない。

他方、後者の試行版では、

1 70244069 田中克己(タナカカツミ)(tanaka katsumi)

長崎大学/助教授

2 60207082 田中克己(タナカカツミ)

岡山大学/助教授

3 00127375 田中克己(タナカカツミ)(tanaka katsumi)

京都大学/教授

とまず同姓同名の3名が切り分けて表示される。さらに個々の人物名をクリックしてみよう。たとえば、

3 00127375 田中克己(タナカカツミ)(tanaka katsumi)

京都大学/教授

クリックすると、

名前 田中克己(タナカカツミ)(tanaka katsumi)

科研費研究者番号 00127375

研究者リゾルバーID 1000000127375

所属履歴

2002-2007:京都大学/情報研究科/教授

2001:京都大学/神戸大学/情報研究科/自然科学研究科/教授

1999-2000:神戸大学/大学院/自然科学研究科/教授

1998:神戸大学/自然科学研究科/大学院自然科学研究科/教授

1996-1997:神戸大学/自然科学研究科/大学院/教授

1995:神戸大学/自然科学研究科/教授

1993:神戸大学/工学部/助教授

1992:神戸大学/工学部/教授/助教授

1986-1991:神戸大学/工学部/助教授

http://seikaplus.nii.ac.jp/kr/1000000127375

と表示され、さらにこの京都大学の田中克己さんによる研究課題だけが表示される。これが「同定」や「情報同一性マネージメント」ということになる。このような人名の切り分けで大きな役割を果たしているのが、上に出てきている「科研費研究者番号」や「研究者リゾルバーID」のような人物一人ずつに独自にふられている番号である。

今回、あわせて公開された

研究者リゾルバー試行版

http://rns.csc.nii.ac.jp/

では、この研究者リゾルバーIDを用いて科学研究補助金データベース等、一部のデータベースとのリンクを実現している。