ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2006-11-29 (Wed)

[][]海の自然研究所、Local Fauna Databaseを公開

海の自然研究所がLocal Fauna Databaseを公開している(公開日不明)。サイトへのアクセス数を示すカウンター2001年10月8日に始まっていることから、すでに5年に及ぶ運用実績があるようだ。実際に制作しているのは、伊勢戸徹さんと岩瀬晃啓さん。

このデータベース琉球列島の海域に生息する無脊椎動物の標本をまとめたものだが、他の標本データベースとは一線を画すところがあるようだ。サイトトップページに概要のみ述べられているが、「既に名前を持つ生物を紹介する図鑑的データベースではなく、分類学研究に利用されることを前提にした未研究標本のカタログ」とされている。つまり、明確に分類し、その名称からデータを引き当てるデータベースではなく、分類上の位置づけが明らかではない生物を掲載し、主に分類学者がその生物学上の分類を含めた研究を行うことを目的としている、といえるだろうか。分類学におけるこのデータベースの評価は専門家の方々に委ねざるを得ないが、試みとしては大きな意義を持っているように思われる。研究という目的に対して、きわめて実用性の高いデータベースではないだろうか。

また、用いられているデータベースシステムをGPL準拠とし、同様のデータベースの公開を望む者に対して、システムを積極的に開放しようとしている。この点でも類例の少ないデータベースだろう。このデータベースの存在にいままで気づかなかった不明を恥じ入るとともに、標本データベースをはじめ、生物系のデータベースを作成・公開されている方々の評価をぜひうかがってみたい。

・Local Fauna Database

http://mar-inv.interface-design.jp/

・海の自然研究所

http://www.marinelearning.org/

・BDDB.org(岩瀬晃啓さん)

http://www.bddb.org/