ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-07-06 (Sun)

[][]学習院大学東洋文化研究所サイトリニューアル(2008-04-08)

screenshot

学習院大学東洋文化研究所サイトリニューアルした(2008-04-08)。

学習院大学東洋文化研究所

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/

学習院大学東洋文化研究所過去サイト

http://web.archive.org/web/*/http://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/

トップページに置かれる情報論理的に整理されている点がすばらしい。最上段には学習院学習院大学大学図書館、他の研究施設へのリンク、その下の行には東洋文化研究所サイトの他言語のページへのリンクが置かれ、その下に

「当研究所について」「プロジェクト研究」「ナリッジセンター」「公開講座講演会」「資料閲覧」「刊行物案内」

という研究所サイト内のコンテンツを行き来するためのグローバルナビゲーションが置かれている。複雑で錯綜しがちなトップページの構成要素が非常にわかりやすくまとめられており、他機関にも参考となるはずだ。

コンテンツはまだ十分とはいえない量だが、2007年4月に文部科学省オープンリサーチセンター整備事業に採択された東アジア学ナリッジセンターは、2011年までに

学習院大学東アジアバーチャルミュージアム

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/ua/tenjishitsu_top.htm

の整備などを目標として掲げており、今後の充実が大いに期待できるだろう。

・2005-01-15の編集日誌

http://d.hatena.ne.jp/arg/20050115/1136269742

2005-01-15 (Sat)

[][]2005-01-15(Sat):

学習院大学東洋文化研究所が、「学内にある東アジア関連資料の調査を主目的とする」学習院大学東洋文化アーカイブズプロジェクトに取り組んでいる。朝鮮総督府録音記録セクション、友邦文庫データベースセクション、漢籍データベースセクション、韓国近代法制資料調査セクションの4つの作業が進行しているようだ。すでにインターネットで公開されている友邦文庫データベースの運用にあたる友邦文庫データベースセクションはもとより、「学習院大学収蔵の線装本を主体とする漢籍資料の調査・分析を行い、四部分類に基づく目録化をはかるとともに、その結果を電子データ化し、インターネット上に公開し学界に貢献できる体制を構築していくことをめざ」す漢籍データベースセクションに注目したい。

できれば、こういうプロジェクトにインタービューに行って、自分で記事を書いてみたいものだ。

学習院大学東洋文化アーカイブズプロジェクト

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/project.html

・友邦文庫データベース

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/rioc/yuhou.html

学習院大学東洋文化研究所

http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~ori-off/