ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-08-31 (Sun)

[][]気象庁気象研究所地球温暖化の基礎知識を公開(2008-08-08

screenshot

気象庁気象研究所地球温暖化の基礎知識を公開した(2008-08-08)。

地球温暖化の基礎知識

http://www.mri-jma.go.jp/Dep/cl/cl4/ondanka/cover.html

気象庁気象研究所

http://www.mri-jma.go.jp/

地球温暖化が発生するメカニズムや実態、将来予測を一般向けに解説している。構成は以下の通り。

  1. 地球温暖化メカニズム
    1. 気候システム
    2. 温室効果
    3. 人間活動の影響
  2. 地球温暖化の実態
    1. 世界の気温
    2. 世界の降水量
    3. 日本の気温と降水量
    4. 異常気象
    5. 海面水位
    6. 北極域・南極域の気候
  3. 地球温暖化の予測
    1. 気候モデル
    2. 温室効果ガス排出シナリオ
    3. 気温の将来予測
    4. 降水量の将来予測
    5. 海面水位の将来予測
    6. 異常気象の将来予測
    7. 台風の将来予測

内容の良さもさることながら、「プリントに便利です」というメッセージとともにPDF版を公開している点がすばらしい。この種の資料はしばしばPDF版だけで公開されて人目にふれず、宝の持ち腐れなりやすい。それに対して気象研究所は、まず誰もがアクセスしやすいhtml版をウェブでの閲覧用に提供しつつ、印刷して利用することを考えてPDF版を公開したのだろう。当り前ではあるが、研究機関や行政機関サイトで欠けがちな配慮をたたえたい。


[][]気象庁気象研究所、気象研究コンソーシアムのサイトを公開(公開日不明)

screenshot

気象庁気象研究所が気象研究コンソーシアムのサイトを公開している(公開日不明)。

・気象研究コンソーシアム

http://www.mri-jma.go.jp/Project/cons/

気象庁気象研究所

http://www.mri-jma.go.jp/

気象研究コンソーシアムは、気象庁日本気象学会の契約に基づく包括的な共同研究の枠組み。コンソーシアムの参加者には、気象庁が保有する気象データ研究用途に限って提供される。なお、参加資格として日本気象学会の会員であることが求められる。