ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2009-04-09 (Thu)

[][][][]懐徳堂記念会、懐徳堂史跡マップを公開(2009-03-12

screenshot

懐徳堂記念会が懐徳堂史跡マップを公開した(2009-03-12)。

懐徳堂史跡マップ

http://www.let.osaka-u.ac.jp/kaitokudo/historicmap/

懐徳堂記念会

http://www.let.osaka-u.ac.jp/kaitokudo/

Google Mapを利用して大阪関西、全国単位での地図上に江戸時代私塾懐徳堂ゆかりの地を紹介している。地図以外にも史跡一覧やおすすめ観光ルートが紹介されている。

綿密な調査に基づくようで、よくできていると思うが、見せ方にはまだ工夫の余地がある。たとえば、史跡一覧から地図に1クリックで移動するようにできないだろうか。また、地図上にマッピングされた史跡マーククリックすると、地図の下のほうに関係する説明が出るが、これは小さなモニターでは気がつかない可能性がある。ここは、たとえばクリックした際に表示される吹き出しの中に、地図下部に表示する説明へのリンクを入れるとよいのではないか。

2009-02-11 (Wed)

[][][]2009-02-10(Tue): 『ものがたり 東北大学の至宝』(東北大学出版会、2009年、1575円)

2007年東北大学創立100周年を記念して、

2007-09-26(Wed)〜2007-11-18(Sun):

特別展「文豪・夏目漱石−そのこころとまなざし」

(於・東京都江戸東京博物館

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2007/0926/200709.html

2007-09-01(Sat)〜2007-10-14(Sun):

東北大学の至宝−資料が語る1世紀」展

(於・東京都江戸東京博物館

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/about/josetsu/dai2/2007/0901/0901.html

という2つの展示会が開催された。

東北大学創立100周年事業

http://web.bureau.tohoku.ac.jp/100aniv/

このうち、特別展「文豪・夏目漱石−そのこころとまなざし」については、開催にあわせて、

文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし

江戸東京博物館東北大学編『文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし』(朝日新聞社2007年、1680円)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022503319/arg-22/

が刊行されたが、「東北大学の至宝−資料が語る1世紀」展のほうは会場で図録が販売されたのみだったという。そこで、今回、関係者の手によって、

ものがたり 東北大学の至宝

・「ものがたり 東北大学の至宝」編集委員会編『ものがたり 東北大学の至宝』(東北大学出版会、2009年、1575円)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861631068/arg-22/

http://www.library.tohoku.ac.jp/pub/monogatari/monogatari.html

http://www.tups.jp/book/book.php?id=188

が編まれ刊行された。なかなか興味深いので紹介。目次は以下の通り。

2009-01-02 (Fri)

[][][][]福澤研究センター 都倉武之が語る「福澤展のツボ」、公開(2008-10-16)

screenshot

ブログ「福澤研究センター 都倉武之が語る「福澤展のツボ」」が公開された(2008-10-16)。

・福澤研究センター 都倉武之が語る「福澤展のツボ」

http://tokura.fukuzawa2009.net/

未来をひらく福澤諭吉展

http://www.fukuzawa2009.jp/

・慶應義塾福澤研究センター

http://www.fmc.keio.ac.jp/

慶應義塾の創立150年を記念して開催される

2009-01-10(Sat)〜2009-03-08(Sun):

慶應義塾創立150年記念「未来をひらく福澤諭吉展」

(於・東京都/東京国立博物館 表慶館)

http://www.fukuzawa2009.jp/

に向けての舞台裏での準備状況を詳しくレポートしている。

・「慶應義塾創立150年記念「未来をひらく福沢諭吉展」」(編集日誌、2008-10-24)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081025/1224908268

2008-12-09 (Tue)

[][][][]防災科学技術研究所自然災害情報室、伊勢湾台風50周年特別企画展を公開(2008-09-26)

screenshot

防災科学技術研究所自然災害情報室が伊勢湾台風50周年特別企画展を公開した(2008-09-26)。

・伊勢湾台風50周年特別企画展

http://www.bosai.go.jp/library/exhibition/exhibition_isewan/

・防災科学技術研究所自然災害情報

http://www.bosai.go.jp/library/

・防災科学技術研究

http://www.bosai.go.jp/

伊勢湾台風は、1959年9月に濃尾地方一帯を襲い、約5000名の死者・行方不明者を出した大規模災害であり、この災害が後に災害対策基本法の成立のきっかけともなっている。来る2009年は伊勢湾台風襲来から50周年を迎えることもあり、同研究所の自然災害情報室がウェブでの特別企画展を催すようだ。まだすべての資料が出そろっているわけではないが、当時現地で撮影されたカラー写真や、同研究所が所蔵する伊勢湾台風関係資料のリストが公開されている。また、アメリカ公文書館に所蔵されている被災当時の映像の公開準備も進められているという。

2008-10-25 (Sat)

[][][]2008-10-24(Fri): 慶應義塾創立150年記念「未来をひらく福沢諭吉展」

screenshot

慶應義塾が創立150年記念して、

2009-01-10(Sat)〜2009-03-08(Sun):

慶應義塾創立150年記念「未来をひらく福沢諭吉展」

(於・東京都/東京国立博物館 表慶館)

http://www.fukuzawa2009.jp/

を開催するようだ。展示は福岡、大阪に巡回していく模様。

・慶應義塾創立150年記念「未来をひらく福澤諭吉展」プレスリリース【PDF】

http://www.tnm.jp/jp/misc/press/docs/200901fukuzawa_release.pdf

・「慶應義塾の原点を示す福澤諭吉書簡を新取得「未来をひらく福澤諭吉展」で初公開」(慶應義塾、2008-09-10)

http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2008/kr7a43000000fbw2.html

創立記念で東京国立博物館での展示を実現とは、さすが慶應義塾というべきか。展示以上に期待しているのが、

未来をひらく福澤諭吉展」の広報活動にインターネットを利用してご協力いただける方を募集しております。ご自身が運営されているホームページやブログで、本展覧会の紹介をしていただくことなどを想定しています。

・慶應義塾創立150年記念「未来をひらく福沢諭吉展」 - 応援団募集

http://www.fukuzawa2009.jp/cheergroup.html

というプロモーションに取り組んでいること。早速、自分もベイシック応援コースとアドバンスト応援コースの両方に申し込んでみる。ベイシック応援コースの内容は、

  1. ご自身が運営しているホームページやブログに、展覧会サイトへのリンクをつけていただく。
  2. ご自身が運営しているホームページやブログに、展覧会についての解説や応援メッセージなどを書いていただく。

の2点。アドバンスト応援コースの内容は個別相談らしい。ということで、この記事を書いているわけだが、常々展覧会のようなイベントの広報でウェブをどう活用するかには関心を持っているので、今後の展開が大いに楽しみだ。

・「九州国立博物館のウェブ活用への注文−後発である以上、より積極的な一歩を」(編集日誌、2008-08-13)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080817/1218953273

・「平城遷都1300年記念 国宝 薬師寺展」(編集日誌、2008-04-30)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080505/1209918307

未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪