ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2008-10-11 (Sat)

[][][]2008-10-09(Thu): 牛山素行著『豪雨の災害情報学読了

豪雨の災害情報学

・「牛山素行著『豪雨の災害情報学』(古今書院2008年、3675円)」(編集日誌、2008-09-26)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080929/1222614945

で紹介した

・牛山素行著『豪雨の災害情報学』(古今書院2008年、3675円)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4772231145/arg-22/

を読み終える。

書評にまとめるほどには読みこめていないので、まずはメモ程度に。

著者自身は本書を、

リアルタイム情報によって被害が軽減された」とか、「早期避難により人的被害をゼロにした」といったことは、自明なことだと感じられるかも知れないが、実は、これらのことを具体的・定量的に示した調査研究例はほとんど無い。本書の取り組みは、日本の防災に関係する事項で定性的によく言われることを、少しでも定量的に示すことを目指した試行錯誤であるといってもよい。

(ii頁)

と位置づけている。通読して、この位置づけに深くうなずく。一見、自明のことと思って看過してしまいがちなことに対し、著者が丁寧に実態を検証していくさまは、専門分野に関わらず科学の方法論としても参考になると思う。

また、たとえば降水量のような記録と過去の災害のような記憶を扱っているだけに、図書館アーカイブズ関係者は様々な示唆を得られる一冊だろう。印象的な一節をいくつか紹介しておきたい。

降水量の「記録的」「過去最大」といった情報源としては、気象庁AMeDASデータが使われることがほとんどである。しかし、AMeDASの全国展開完了は1978年であり、その蓄積は30年程度にすぎない。AMeDASより前のデータは「役に立たない」などということはなく。「デジタル化されていないので使いにくい」にすぎない。われわれの先人たちは、その時代ごとの持てる力を最大限に発揮して、後生に貴重な災害の記録を残し続けてくれている。われわれは、その記録をもっと有効に活用すべきではなかろうか。

(31頁)

広島市周辺地域においては、今回事例を大きく上回る規模の豪雨災害が過去に何回か発生していたことが今回確認された。しかし、それらはいずれも30年以上前の古い記録であったため、住民らの記憶から消え去ってしまっていたことが考えられる。

(61頁)

どちらも図書館アーカイブズの役割に引き寄せて考えられる指摘ではないだろうか。また、図書館アーカイブズが災害の記録と記憶についてどのような貢献ができるのか、という観点でも議論を深められるだろう。言うなれば「防災支援」の可能性である。

その他、ウェブサイトを中心に学術情報資源のあり方に関心を持つ自分としては、第3章「認知されない・使われないリアルタイム水文情報2002年7月台風6号および前線による豪雨災害」の衝撃が大きかった。サービスを提供することは重要だが、その先にある幅広い利用・活用をどのように実現するのか、引き続き考えていかなくてはいけないだろう。

・「「豪雨の災害情報学」刊行」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2008-09-22)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-c98e.html

2008-09-29 (Mon)

[][][]2008-09-26(Fri): 牛山素行著『豪雨の災害情報学』(古今書院2008年、3675円)

うれしいニュースが一つ。

・「「豪雨の災害情報学」刊行」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2008-09-22)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-c98e.html

災害情報学研究者・牛山素行さんが新著を出すという。

・牛山素行著『豪雨の災害情報学』(古今書院2008年、3675円)

http://www.kokon.co.jp/h3114.htm

目次は以下の通り。

  1. 豪雨災害と災害情報に関する基礎的概念
  2. 73年前にもあった豪雨−1999年6月29日広島豪雨災害
  3. 認知されない・使われないリアルタイム水文情報2002年7月台風6号および前線による豪雨災害
  4. リアルタイム水文情報の具体的活用例を初確認−2003年7月梅雨前線豪雨による災害
  5. 情報による減災効果の限界−2004年10月20〜21日台風23号による豪雨災害
  6. 避難による人的被害はまぬがれたが−2005年台風14号による宮崎県日之影町での被害軽減事例
  7. 災害情報研究のこれから−まとめに代えて

牛山さんのブログメールマガジンの読者には、著者割引(2割引)+送料無料の特典があるとのこと。豪雨災害が相次ぐ昨今である。ぜひ多くの方に読んでほしい。

2008-09-28 (Sun)

[][][]メールマガジン「ある自然災害科学研究者の活動」(disaster-i.net News)、第100号に到達(2008-09-23)

screenshot

牛山素行さんが発行するメールマガジン「ある自然災害科学研究者の活動」(disaster-i.net News)が第100号に到達した(2008-09-23)。

メールマガジン「ある自然災害科学研究者の活動」(disaster-i.net News)第100号(2008-09-23)

http://archive.mag2.com/0000071583/20080923175658000.html

メールマガジン「ある自然災害科学研究者の活動」(disaster-i.net News)

http://www.disaster-i.net/magazine/

・disaster-i.net

http://www.disaster-i.net/

メールマガジン「ある自然災害科学研究者の活動」の創刊は、2001年7月9日のこと。以来、7年で第100号に到達している。

メールマガジン「ある自然災害科学研究者の活動」(disaster-i.net News)創刊号(2001-07-09)

http://archive.mag2.com/0000071583/20010709160000000.html

創刊理由や、ここに至る経緯は第100号に掲載されている「100号のご挨拶」に詳しいので、ぜひ一読いただきたい。この中で牛山さんは、「要はいくつかのチャンネルで当方からの情報発信を行う手段を用意しておくことが目的です」と述べているが、この言葉は非常に印象的だ。災害発生時にあっては、情報の伝達手段が多元的であることの重要性を自ら示しているように思う。

・「岩手・宮城内陸地震を受けての牛山素行さんに災害情報学者の真骨頂を見る」(編集日誌、2008-06-15)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080616/1213544824

2008-06-16 (Mon)

[][]2008-06-15(Sun): 岩手・宮城内陸地震を受けての牛山素行さんに災害情報学者の真骨頂を見る

screenshot

昨日発生した岩手・宮城内陸地震だが、盛岡の牛山素行さん(岩手県立大学)のお仕事にとにかく感心し、感動を覚えた。

地震の発生が8時43分。その10分後にはブログ

・「岩手県南部で強い地震」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2008-06-14)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_da4b.html

を書き込み(8時53分)、その4分後には同じ内容のメールマガジンを発行している(8時57分)。この時点はこういうメッセージを残している。

盛岡市内の私の身の回りでは特に何も被害や変化はありません。

おそらくこの地震については何らかの調査にはいると思います。

とりあえず速報です。

・「岩手県南部で強い地震」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2008-06-14)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_da4b.html

・「disaster-i News」号外(2008-06-14)

http://archive.mag2.com/0000071583/20080614085745000.html

その言葉通り、10時26分にはブログで、10時29分にはメールマガジンで、

現在10時30分ですが、これから緊急現地調査に向かいます。おそらく、一関市西部付近を目指すことになると思います。道路事情が不安定ですので、どうなるかはよくわかりません。

前述のように、携帯の通信環境がよくありませんが、可能ならば現地からもブログ更新します。

・「これから現地に行きます」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2008-06-14)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_993e.html

・「disaster-i News」号外2(2008-06-14)

http://archive.mag2.com/0000071583/20080614102938000.html

と言い残して現地へ。

以降、

・「道路の亀裂」(14時19分)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_0cf2.html

・「一関市磐井川矢櫃ダム付近」(15時40分)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_876a.html

・「同地で別角度」(16時7分)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_35cf.html

・「磐井川沿いの斜面崩壊」(16時44分)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_a64d.html

・「国道342沿いの崩壊」(17時1分)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/342_c03d.html

と、現地で目撃した被害状況を相次いでブログで公開している。22時頃に現地から戻り、ブログメールマガジンで、

現地調査写真を公開しました。一関市磐井川流域、奥州市付近が中心です。

・「現地調査写真を公開」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2008-06-14)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_25d1.html

・「ある自然災害科学研究者の活動」87(2008-06-14)

http://archive.mag2.com/0000071583/20080614221051000.html

先ほど大学に戻りました。これより、写真整理に入ります。

・「現地雑感」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2008-06-14)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_8a71.html

・「ある自然災害科学研究者の活動」87(2008-06-14)

http://archive.mag2.com/0000071583/20080614221051000.html

と早速まとまったレポートを始めている。このとき公開されたのが、

平成20年2008年岩手・宮城内陸地震に関するメモ

http://www.disaster-i.net/disaster/20080614/

である。

そして、一夜明けて本日。19時台に、

・「人的被害の面から」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2008-06-15)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_cf1a.html

・「災害時のメール雑感」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2008-06-15)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_720c.html

を公開している。いずれも簡潔な記事だが、事態が徐々に沈静化する中で考えさせられるところがあるだろう。

ともあれ、地震発生とほぼ同時の迅速な初動から現地調査結果をまとめあげていき、さらには冷静に現状を顧みるところまで、災害情報学研究者仕事というものを一貫して見ることができた。冒頭に記したとおり、とにかく感心し、感動を覚え、そして圧倒された。

なお、牛山さんには、

・「災害を斜めから見る」(第201号、2005-01-03)

http://archive.mag2.com/0000005669/20050103001000000.html

をご寄稿いただいたことがある。

・「牛山素行さん、ブログ「豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館」を公開」(新着・新発見リソース、2006-07-22)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060722/1153529333

・「牛山素行さん、2006年7月梅雨前線豪雨災害研究関係情報を公開」(新着・新発見リソース、2006-07-22)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060722/1153529317

・「牛山素行さん、2006年8月18日岩手県雫石町土石流に関するメモを公開」(新着・新発見リソース、2006-08-21)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060821/1156086256

・「牛山素行さん、リアルタイム豪雨表示システムリニューアル」(新着・新発見リソース、2007-07-01)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070701/1183295627

・「牛山素行さん、改訂・緊急災害調査の心得を公開」(新着・新発見リソース、2007-08-17)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070817/1187307605

2007-08-17 (Fri)

[][]牛山素行さん、改訂・緊急災害調査の心得を公開

screenshot

牛山素行さんが改訂・緊急災害調査の心得を公開した(2007-08-13)。これは牛山さんの論文「緊急災害調査の心得」(「月刊地理」46-4、2001年古今書院)を改訂したもので、牛山さんのブログ「豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館」で7月31日以降、順次発表されてきたものをまとめている。牛山さんがブログで改訂する意味を語っている。

最近、災害調査や、災害に関連する調査研究の「やり方」を人に説明する機会が増えてきました。断片的なメモを作ったりすることもありますので、ブログ上でも「災害調査法」に関するメモを作っていこうかと思います。想定される内容は、調査道具の紹介、調査手法の紹介などです。

まずは「概論」がほしいところです。少し昔になりますが、

牛山素行,2001,緊急災害調査の心得,月刊地理,古今書院,Vol.46,No.4,p.10-16

として書いたものがありますので、これをもとに、現在は事情が変わったところや、私自身の考え方が変わったところを加筆修正して紹介したいと思います。

・「災害調査法」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2007-07-31)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_a7b0.html

過去の成果を見直してあらためて発表し、新たな命を与える牛山さんの活動はすばらしい。そして研究者の個人サイトの良さをあらためて思い起こさせてくれる。

・改訂・緊急災害調査の心得

http://www.disaster-i.net/notes/kokoroe2007.html

・「改訂・緊急災害調査の心得(1)」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2007-07-31)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/1_0a1d.html

・「改訂・緊急災害調査の心得(2)」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2007-08-01)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/2_59bd.html

・「改訂・緊急災害調査の心得(3)」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2007-08-02)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/3_ddc6.html

・「改訂・緊急災害調査の心得(4)」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2007-08-06)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/4_eaf8.html

・「改訂・緊急災害調査の心得(5)」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2007-08-07)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/5_000c.html

・「改訂・緊急災害調査の心得(6)」(豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net別館、2007-08-11)

http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/6_649b.html

・豪雨災害と防災情報研究するdisaster-i.net

http://www.disaster-i.net/