ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-12-14 (Mon)

[][][]京都大学グローバルCOEプログラム「生物の多様性と進化研究のための拠点形成−ゲノムから生態系まで」、霊長類ゲノムデータベースを公開(2009-08-06)

screenshot

京都大学グローバルCOEプログラム「生物の多様性と進化研究のための拠点形成−ゲノムから生態系まで」が霊長類ゲノムデータベースを公開した(2009-08-06)。

霊長類ゲノムデータベース

http://gcoe.biol.sci.kyoto-u.ac.jp/pgdb/

京都大学グローバルCOEプログラム「生物の多様性と進化研究のための拠点形成−ゲノムから生態系まで」

http://gcoe.biol.sci.kyoto-u.ac.jp/gcoe/index_j.php

京都大学霊長類研究所

http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/index-j.html

データベース研究者向けと一般向けの2本立てとなるようだが、現時点では研究者向けのみが公開されている。ゲノムデータベースを謳っているだけあって、専門外の人間にはいささか敷居が高いが、京都大学霊長類研究所にいる14頭のチンパンジーの性格や行動といったデータと、さらに各個体の遺伝子等のデータを閲覧できる。

また、研究者向けとはなっているものの、たとえば、

ギャラリー

http://gcoe.biol.sci.kyoto-u.ac.jp/pgdb2/images.html

霊長類研究所内家系図

http://gcoe.biol.sci.kyoto-u.ac.jp/pgdb2/familyTree.html

チンパンジー:アイ 個体情報

http://gcoe.biol.sci.kyoto-u.ac.jp/pgdb2/greatApe.html?individualId=334

といったページは霊長類ゲノム専門家でなくても楽しめるだろう。

2008-08-31 (Sun)

[][]京都大学霊長類研究所ニホンザル史調査会のページを公開(2008-08-12)

screenshot

京都大学霊長類研究所ニホンザル史調査会のページを公開した(2008-08-12)。

ニホンザル史調査会

http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/shinka/shudan/umayazaru/

京都大学霊長類研究所

http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/index-j.html

研究所が中心となって実施した「ウマとサルの民俗アンケート調査」の結果が掲載されている。

2006-09-03 (Sun)

[][]京都大学霊長類研究所、上原重男アーカイヴスを公開

京都大学霊長類研究所が上原重男アーカイヴスを公開した(2006-08-13)。故・上原重男さんは京都大学霊長類研究所の教員で霊長類研究者2004年8月に亡くなっている。このアーカイヴスでは、故人が研究活動のなかで撮影した写真を掲載しており、日本とアフリカでの霊長類の研究の一端をうかがえる。

・上原重男アーカイヴス

http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/archives/profuehara/SUhtml/SUtop.html

京都大学霊長類研究所

http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/index-j.html