ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-07-07 (Tue)

[][][]「京都部落問題研究資料センター メールマガジン」、第300号に到達(2009-04-09

screenshot

京都部落問題研究資料センターが発行する「京都部落問題研究資料センター メールマガジン」が第300号に到達した(2009-04-09)。

・「京都部落問題研究資料センター メールマガジン」第300号

http://archive.mag2.com/0000088471/20090409115524000.html

・京都部落問題研究資料センター メールマガジン

http://www.asahi-net.or.jp/~qm8m-ndmt/mel/

・京都部落問題研究資料センター

http://www.asahi-net.or.jp/~qm8m-ndmt/

創刊は2002年4月25日。毎号、

  1. 定期刊行物目次速報
  2. 新着図書情報
  3. 催し物情報
  4. 人権関係テレビ番組情報

といった情報で構成されており、非常に重宝する内容だ。ぜひ、今後も継続していったほしい。ただ、第200号到達の際に述べたように、コラムの復活もお願いしたい。

・「「京都部落問題研究資料センター メールマガジン」、第200号に到達(2007-04-13)」(新着・新発見リソース、2007-04-16)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070416/1176654813

2007-04-16 (Mon)

[][][]「京都部落問題研究資料センター メールマガジン」、第200号に到達(2007-04-13)

京都部落問題研究資料センターが発行する「京都部落問題研究資料センター メールマガジン」が第200号に到達した(2007-04-13)。創刊は2002年4月25日。以来約5年での200号達成となった。メールマガジンの内容は、

  1. 人権関係テレビ番組情報
  2. 定期刊行物目次速報
  3. 新着図書情報

で構成されている。主義主張に関係なく有用なリソースの一つとして活用できるだろう。ただ、惜しむらくは創刊当時に京都部落問題研究資料センターの所長であった灘本昌久さんのコラムが灘本さんの所長退任とともになくなったことである。誌面の最後のコラムを読みたいがためにメールマガジンに目を通すという方は少なくない。メールマガジンをただ配信するだけでなく実際に読んでもらうために、味のあるコラムを設けるというのは一つのテクニックとしても重要なことだった。京都部落問題研究資料センターには、次の300号に向けてぜひコラム復活を検討してほしい。

・「京都部落問題研究資料センター メールマガジン」第200号(2007-04-13)

http://blog.mag2.com/m/log/0000088471/108448079.html

・「京都部落問題研究資料センター メールマガジン」第1号(2002-04-25)

http://blog.mag2.com/m/log/0000088471/60300526.html

・「京都部落問題研究資料センター メールマガジン

http://www.asahi-net.or.jp/~qm8m-ndmt/mel/

・京都部落問題研究資料センター

http://www.asahi-net.or.jp/~qm8m-ndmt/

・灘本昌久ホーム・ページ

http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/index-j.html