ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2007-07-15 (Sun)

[][][][][]2007-07-10(Tue): CiNiiへのリンク

釧路公立大学附属図書館 - 刊行物

http://www.kushiro-pu.ac.jp/library/publish/

に挙げられている

のうち、「釧路公立大学イスカッション・ペーパー・シリーズ」以外はすべて国立情報学研究所NII)が提供しているCiNiiNII論文情報ナビゲータ)へのリンクになっている。ささやかだが賢明な工夫が光る。また「釧路公立大学ディスカッション・ペーパー・シリーズ」のページでは、

ディスカッション・ペーパーとは本学の教員の最新研究成果であり、雑誌書籍として出版される前の段階での高感度情報のことであり、いわば第4の紀要です。

と注記されている。

釧路公立大学ディスカッション・ペーパー・シリーズ

http://www.kushiro-pu.ac.jp/library/publish/paper.html

以前に、

・「ワーキングペーパーとディスカッションペーパーの違いとは」(編集日誌、2006-01-31)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060204/1139046888

という日誌を書いたが、そのときの疑問にわずかではあるが答えを得た気持ちになった。学生向けにも良い説明と思う。もう一点、別の工夫に感心したが、これは

2007-08-03(Fri):

平成19年公立大学協会図書館協議会研修会「大学図書館公共図書館−地域内連携の試み」

(於・愛知県名古屋市立大学附属病院

http://wwwsoc.nii.ac.jp/pula/

で行う講演「公立大学図書館サイト診断 ‐理想の図書館サイトを求めて」のネタとしてまだ秘密

なお、一点だけ残念なのは、

著作権リンクについて

http://www.kushiro-pu.ac.jp/library/info/copyright.html

に、

Webサイトリンクする場合はその旨をお知らせください。

とあることだ。これは見直してほしい。

釧路公立大学附属図書館

http://www.kushiro-pu.ac.jp/library/