ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2006-05-01 (Mon)

[][]熊本大学附属図書館水俣病関連資料を公開

熊本大学附属図書館水俣病関連資料を公開した(2006-05-01)。水俣病公式確認50年を期して、今回公開されたのは、水俣病に関する熊本大学医学部の研究論文・研究報告書・著書等の目録と新聞記事見出しによる水俣病関係年表の2点。

これまで水俣病に関する学術的な発信は、国立水俣病総合研究センター水俣市水俣病資料館、そして熊本大学学術資料調査研究推進室による「水俣病からメチル水銀中毒症へ」に限られてきたが、ついに地元の熊本大学の手で学術資料が公開される日を迎えた。ここに至るまで様々な苦難があったことは想像に難くない。だが、水俣病の存在に背を向けることなく、1999年熊本大学学術資料調査研究推進室を設置し、この日に向けて準備してきた熊本大学関係者に敬意を表したい。

なお、図書館長の中山仁さんが「水俣病関連資料の公開にあたって」で、

今回公開したものは、膨大な資料の一部です。今後とも継続して事業を進め、さらに充実したものにしていく所存です。

と強い決意を表している。何年、何十年にも及ぶ大事業となるだろうが、悲劇を再現しないために、あらゆる角度から水俣病をとらえる資料を構築していってほしい。

水俣病関連資料の公開

http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/suishin/minamata/

熊本大学附属図書館

http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/

・国立水俣病総合研究センター

http://www.nimd.go.jp/

水俣市水俣病資料館

http://www7.ocn.ne.jp/~mimuseum/

熊本大学学術資料調査研究推進室

http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/suishin/

水俣病からメチル水銀中毒症へ

http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/suishin/mercury/

2006-04-16 (Sun)

[][][]熊本大学附属図書館熊本大学学術リポジトリ試験運用を開始(2006-03-31

熊本大学附属図書館熊本大学学術リポジトリ試験運用を開始した(2006-03-31)。システム面の開発が一通り完了し、当面は試験運用としつつ、5月頃に正式運用へと移行する予定という。なお、現時点では大学紀要約500件、博士論文を約200件収録している。

熊本大学学術リポジトリ

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/

熊本大学附属図書

http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/

2006-03-26 (Sun)

[][][]熊本大学附属図書館熊本大学学術リポジトリシステム準備サイトを公開

熊本大学付属図書館熊本大学学術リポジトリシステム準備サイトを公開した(2006-03-17)。今春公開予定で、現在は研究者向けの参加呼びかけが中心となっている。使用するソフトウェアはDspaceをベースに独自開発が加わるという。

熊本大学学術リポジトリシステム準備サイト

http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/reposit/

熊本大学付属図書館

http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/