ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-01-03 (Sun)

[][]慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構、デジタル南葵楽堂を公開(2009-10-15

screenshot

慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構の音楽資源統合リポジトリープロジェクトデジタル南葵楽堂をテスト公開した(2009-10-15)。

デジタル南葵楽堂

http://note.dmc.keio.ac.jp/music-library/

・南葵音楽文庫所蔵貴重資料デジタルアーカイヴ

http://note.dmc.keio.ac.jp/music-library/nanki/

・「「南葵音楽文庫」所蔵貴重資料 デジタル画像テスト公開 開始」(麻布飯倉 南葵楽堂の記憶、2009-10-13

http://nankigakudo.blog60.fc2.com/blog-entry-42.html

慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構

http://www.dmc.keio.ac.jp/

現時点ではまだテスト公開ということだが、それでも印刷版の音楽書や楽譜、音楽外の資料のデジタル画像500点を閲覧できる。

・「南葵音楽文庫貴重資料は2009年4月公開予定」(編集日誌、2008-12-10

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081212/1229076516

2008-12-12 (Fri)

[][][]2008-12-10(Wed): 南葵音楽文庫貴重資料は2009年4月公開予定

昨日開催された

2008-12-09(Tue):

慶應義塾大学DMC機構・南葵音楽文庫貴重資料デジタル化報告会

(於・東京都慶應義塾大学 三田キャンパス

http://note.dmc.keio.ac.jp/topics/archives/519

だが、早速、主催者からの開催レポートが出ている。

・「「南葵音楽文庫貴重資料デジタル化報告会」開催」(慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構、2008-12-10

http://note.dmc.keio.ac.jp/topics/archives/521

こういった機敏さは重要。さて、読売新聞が次のように報道している。

ベートーベンリストの自筆譜や書簡など世界的に貴重なコレクションを持つ「南葵(なんき)音楽文庫」(東京・読売日本交響楽団所有)の資料の一部がデジタル画像化され、来年4月からインターネットで順次、公開される。

(中略)

料の劣化、散逸を防ごうと、音楽学専門の慶応大学の美山(みやま)良夫教授(62)のグループ文部科学省の委託研究費で、貴重資料約800点の画像データ作成を2年前から行っていた。そのうち自筆譜などの約100点は高精細デジタル画像撮影を進めており、研究者向けに公開される予定だ。

・「ベートーベンの自筆楽譜をネットで公開へ…南葵音楽文庫」(読売新聞、2008-12-03)

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20081203-OYT1T00138.htm

「来年4月からインターネットで順次、公開」という一節と「研究者向けに公開」という一節をどう理解すればいいのかよくわからないが、なにはともあれ公開を待ちたい。

ちなみに、南葵音楽文庫が設けられた南葵楽堂をめぐっては次のような活動もなされている。

・麻布飯倉 南葵楽堂の記憶

http://nankigakudo.blog60.fc2.com/

2007-10-29 (Mon)

[][]慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構、戦略的標準化人材育成プロジェクト(DEPSS)のサイトを公開

screenshot

慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構が戦略的標準化人材育成プロジェクト(DEPSS)のサイトを公開した(2007-10-16)。技術標準・標準化に関する書籍、技術標準・標準化に関するリンク集などをコンテンツを公開している。特に技術標準・標準化に関するリンク集は包括的な内容で有用。また、情報交換用のメーリングリストを立ち上げる準備をしているようだ。

・戦略的標準化人材育成プロジェクト(DEPSS)

http://depss.dmc.keio.ac.jp/

・「戦略的標準化人材育成プロジェクト(DEPSS)WEBサイト開設」(慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構、2007-10-16)

http://note.dmc.keio.ac.jp/topics/archives/162

慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構

http://www.dmc.keio.ac.jp/

2007-07-21 (Sat)

[][][]慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構、RSS配信を開始

慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構がRSS配信を開始した(2007-07-02)。RSSで配信されるのは同機構のニュースを伝える「DMC Topics」の内容。同機構には、2006年10月20日から「DMCコミュニティマガジン」を発行しており、最新情報をまとめて配信しているが、最近活動が活発化してきたこともあり、今回のRSS配信の開始はありがたいものだ。

・DMC Topics

http://note.dmc.keio.ac.jp/topics/

・「TOPICSをリニューアル」(DMC Topics、2007-07-02)

http://note.dmc.keio.ac.jp/topics/archives/49

・「DMCコミュニティマガジン」

http://note.dmc.keio.ac.jp/magazine/subscription/

慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構

http://www.dmc.keio.ac.jp/

・「慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構、「DMCコミュニティマガジン」を創刊」(新着・新発見リソース、2006-11-24)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20061124/1164312169


2006-11-24 (Fri)

[][]慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構、「DMCコミュニティマガジン」を創刊(2006-10-20)

慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構が「DMCコミュニティマガジン」を創刊した(2006-10-20)。月に1、2回の発行を予定しており、イベント情報や過去1ヵ月のニュースダイジェストを配信するという。メールアドレスの登録だけで無料で配信を受けられる。

・「DMCコミュニティマガジン」

http://note.dmc.keio.ac.jp/magazine/subscription/

・「DMCコミュニティマガジン」2006年10月号(2006-10-20)

http://note.dmc.keio.ac.jp/magazine/2006/10/

慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構

http://www.dmc.keio.ac.jp/