ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2009-04-26 (Sun)

[][]2009-04-23(Thu): 経済産業研究所によるイベント開催のフォローアップ

参加できなかった

2009-03-05(Fri):

RIETI政策シンポジウム「大規模業務データから何を学ぶか−経済学物理学の統合アプローチ

(於・東京都如水会館)

http://www.rieti.go.jp/jp/events/09030501/info.html

だが、配付資料と動画、議事概要が公開されている。こういうフォローアップはありがたい。ただ、欲をいえば

・「REITI政策シンポジウム如水会館」(Mizuno on Marketing、2009-03-05

http://blog.goo.ne.jp/r_in_mktg/e/b66f95fdebea484a6e2bc343eadfcc74

・「RIETI政策シンポジウム 大規模業務データから何を学ぶか」(メタサブカル病、2009-03-05

http://d.hatena.ne.jp/nitar/20090305/p1

セミナーレポートRIETI政策シンポジウム「大規模業務データから何を学ぶか」が開催」(ハミングヘッズ株式会社2009-04-10

http://www.hummingheads.co.jp/column/seminar/seminar32.html

といったこの催しへの反響も掲載してほしい。

2008-07-06 (Sun)

[][]経済産業研究所サイトリニューアル2008-06-28

screenshot

経済産業研究所サイトリニューアルした(2008-06-28)。

・経済産業研究所

http://www.rieti.go.jp/

・経済産業研究所の過去のサイト

http://web.archive.org/web/*/http://www.rieti.go.jp/jp/

・「RIETIサイトリニューアルいたしました」(2008-06-28

http://www.rieti.go.jp/jp/news/08062801.html

デザインが一新され、トップページの上部には主要コンテンツ間を行き来できるグローバルナビゲーションが採用されている。印象としては以前のサイトよりも使いやすく見える。特に、

更新情報バックナンバー

http://www.rieti.go.jp/jp/backnumber.html

の新設は歓迎したい。経済産業研究所サイトはこれまで更新日時が不明確なことが多かったので、この改善には感謝したい。

だが、他方で課題もある。経済産業研究所研究員やプロジェクト単位での発信に力を入れている。研究所サイトの下に個人や組織を単位としたサイトが無数にぶら下がっているという構造を持っている。これらのサブコンテンツの更新情報を伝えるために、

というコーナーが設けられている。2007年10月や2008年2月の更新情報が含まれていることは論外だが、それは別として最近更新された箇所をクリックしてみよう。たとえば、

だ。経済産業研究所トップページには、6月18日更新と書かれているが、リンク先の

企業統治分析のフロンティア

http://www.rieti.go.jp/jp/projects/cgp/

更新情報には、

2008年4月2日(水)

英語ページに、The State of Corporate Governance in South Korea with Taehoon YOUN interviewed by MIYAJIMA Hideakiが掲載されました。

と出ている。情報が同期していないのである。このようなケースは他のリンクのほとんどに見られる。リニューアルした新し画面と発信に勤しむ多数の個人と組織も、これでは宝の持ち腐れだ。利用者の目線に立った情報デザインをよく考えて改善してほしい。

2008-05-21 (Wed)

[][]経済産業研究所、JIPデータベース2008(JIP 2008)を公開(2008-04-18)

screenshot

経済産業研究所がJIPデータベース2008(JIP 2008)を公開した(2008-04-18)。

・JIPデータベース2008(JIP 2008)

http://www.rieti.go.jp/jp/database/JIP2008/

・経済産業研究所

http://www.rieti.go.jp/

JIPデータベース2008(JIP 2008)は、1970年から2005年にかけての「各部門別に全要素生産性(TFP)を推計するために必要な、資本サービス投入指数と資本コスト、質を考慮した労働投入指数と労働コスト、名目および実質の生産・中間投入、TFPの上昇率を計算した成長会計の結果、などの年次データ」で構成されている。JIPデータベースはすでにJIPデータベース2006が公開されており、今回公開されたJIPデータベース2008(JIP 2008)は2002年から2005年までのデータが追加されたものだ。推計の方法などに変更はないという。

・「経済産業研究所、JIPデータベース2006を公開(2007-02-06)」(新着・新発見リソース、2007-02-09)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070209/1170980868

2007-02-09 (Fri)

[][]経済産業研究所、JIPデータベース2006を公開

経済産業研究所がJIPデータベース2006を公開した(2007-02-06)。JIPデータベース2006は日本産業生産性データベース2006年版(Japan Industrial Productivity Database 2006)の略称で、日本の経済成長と産業構造変化を分析するための基礎資料として構築されている。今回公開されたのは、すでにJIPデータベース2006(暫定版)として公開されているデータの最終版であり、作成方法に関する解説も含まれている。内容はデータ解説編、分析編、データ編に分かれており、2007年2月中に順次公開されるという。

・JIPデータベース2006

http://www.rieti.go.jp/jp/database/d05.html

・JIPデータベース2006(暫定版)

http://www.rieti.go.jp/jp/database/d04.html

・経済産業研究所

http://www.rieti.go.jp/

2006-06-03 (Sat)

[][]経済産業研究所日本産業生産性データベース2006年版(JJIP 2006)を公開

経済産業研究所日本産業生産性データベース2006年版(JJIP 2006)を公開した(2006-05-22)。このデータは同研究所の「産業・企業生産性」プロジェクトが作成したもので、日本の産業生産性に関する年次データと付帯表から成っている。なお、現在公開されているのは暫定版であり、6月下旬頃に最終版が公開されるという。

日本産業生産性データベース2006年版(JJIP 2006)

http://www.rieti.go.jp/jp/database/d04.html

・経済産業研究所

http://www.rieti.go.jp/