ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2007-12-16 (Sun)

[][]當山日出夫さん、個人ブログ「やまもも書斎記」を公開

screenshot

當山日出夫さんが個人ブログ「やまもも書斎記」を公開した(2007-11-24)。公開当初に現在考えているテーマとして、

  1. 人文学研究とコンピュータ、人文情報学(デジタルヒューマニティーズ)について
  2. 大学生を対象としての、情報処理教育や作文技術教育について

・「はじめに」(やまもも書斎記。2007-11-24

http://yamamomo.asablo.jp/blog/2007/11/24/

を挙げ、以降ご自身が客員研究員として関わっている

立命館大学日本文化デジタルヒューマニティーズ拠点(グローバルCOEプロジェクト

http://www.ritsumei.jp/humanities/index_j.html

での研究発表の模様などをレポートしている。立命館大学日本文化デジタルヒューマニティーズ拠点に限らないが、各種のCOEプロジェクトは巨額の予算が投じられている割にはその研究活動の実態がなかなか伝わってこない。そのような状況にあるだけに、たとえば、

・「今後のゆくえが心配だ」(2007-12-12)日

http://yamamomo.asablo.jp/blog/2007/12/12/2505374

のような内部からのレポートは重宝する。困難もあるだろうが、ぜひ発信を継続してほしい。

・やまもも書斎記

http://yamamomo.asablo.jp/blog/

2007-12-02 (Sun)

2007-08-28 (Tue)

[][][]皆川満寿美さん、ブログ「office_mmasumi_annex」を開設

screenshot

個人サイト「皆川満寿美@いろんな大学非常勤講師研究室 on the web」を公開してきた皆川満寿美さんがブログ「office_mmasumi_annex」を開設している(2007-04-19)。各地の大学で非常勤講師を務める皆川さんはこれまでサイト上で様々な担当講義の状況を伝えていたが、同じことをブログでも試みているようだ。皆川さんのサイトについては、小著『これからホームページをつくる研究者のために』の中で、

担当する講義について、個別にコメントをつづっている。

学生は自分が受講している講義以外にも、他の大学の学生が受けている類似の講義への教員の感想も読めるようになっている。このため、学生は自分が受講する講義と他の講義との相違点を知ることとなる。

と述べたことがある。ブログでも同様のインパクトを学生に与えることができるのか、大いに気になり、成果を楽しみにしたい。

・office_mmasumi_annex

http://office-mmasumi.cocolog-nifty.com/

・「ブログをつくる気になった」(2007-04-19)

http://office-mmasumi.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_f110.html

・皆川満寿美@いろんな大学非常勤講師研究室 on the web

http://homepage3.nifty.com/mmasumi/

・『これからホームページをつくる研究者のために−ウェブから学術情報を発信する実践ガイド』(岡本真著、築地書館、2006年、2940円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/480671335X/arg-22/

2006-03-16 (Thu)

[][]醍醐聰さん、醍醐聰のブログを公開

醍醐聰さんが醍醐聰のブログを公開した(2006-02-13)。専門である金融システムや放送通信事業について活発な発言を続けている醍醐さんだが、ブログではメディア、大学問題、政治、文化・芸術、社会について幅広い発信を行おうとしているようだ。報道や研究を通じてしかみえない研究者の姿が、息遣いを含めてリアルに伝わってくる。

・醍醐聰のブログ

http://sdaigo.cocolog-nifty.com/

・「ブログ立ち上げ」(2006-02-13)

http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_c103.html

・醍醐聰のホームページ

http://www.e.u-tokyo.ac.jp/~daigo/

2005-12-24 (Sat)

[][]作田啓一さん、ブログを開設

社会学者・作田啓一さんがブログ「激高老人のぶろぐ」を開設した(2005-12-11)。作田さんは1922年生まれの83歳。これまで「激高老人のページ」としてBC出版のサイトでコラムを連載していたが、今回ブログに移行したようだ。なお、ご本人がブログに直接書き込みをしているわけではない模様。

・激高老人のぶろぐ

http://gekko.air-nifty.com/

・激高老人のページ

http://homepage3.nifty.com/BC/CI9.htm