ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2007-02-15 (Thu)

[][][]2007-02-14(Wed): 漠然とした危惧

立命館大学の教員が学生個人情報が入ったパソコンを盗まれ、結果的にこの教員の担当科目を受講していた学生の「氏名」「学生番号」「成績」といった個人情報が外部に流出した可能性があるという。

情報化に力を入れている立命館大学だけに、今回の事件は衝撃が大きいだろう。おそらくさらなる個人情報保護の対策が打たれることだろう。だが、くれぐれもその方向性を誤らないでほしい。たとえば、教員が外部に持ち出せる学生情報から「氏名」を除いて「学生番号」に限るといったことはしないでほしい。学生の氏名を確認することなく、学生番号に成績をわりふるような教育立命館教育方針とは相容れないものと思うからだ。そして、学生情報の学外への持ち出しを禁止し、教員には成績処理は必ず学内で行うよう、つまり出校を義務づけるようにはしてほしくない。それもまた「自由にして清新」という立命館の建学精神と相容れないものと思うからだ。

教員に課す制約を最小限に抑えた対策をとれるかどうか、情報化に力を入れてきた立命館ならではの知恵を発揮してほしい。

・「学生個人情報の入った教員私有パソコン盗難に伴うデータの流出について」(立命館大学2007-02-02

http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/headline/info/2007/02/houkoku.htm

学校法人立命館 - 個人情報保護基本方針

http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/headline/info/2005/04/kojin_policy.htm