ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2007-05-31 (Thu)

[][]2007-05-26(Sat): 広島市デジタル移民博物館の再公開

2006年2月8日に公開されたものの、内容の誤りの多さが批判されて閉鎖していた広島市デジタル移民博物館が復活している。2006年7月21日編集日誌に「その後の進展が聞かれない」と書いたが、実はその後すぐの8月1日に再公開されたようだ。

広島市デジタル移民博物館

http://dms-hiroshima.eg.jomm.jp/

・「広島市広島市デジタル移民博物館を公開」(新着・新発見リソース2006-02-12http://d.hatena.ne.jp/arg/20060212/1139672815

・「移民資料のデジタル化」(編集日誌、2006-07-21

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060723/1153587987

一連の経過をまとめておくと、

となる。再公開されたことは喜びたいが、

・「広島市デジタル移民博物館の一時閉鎖をめぐって」(編集日誌、2006-03-22

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060326/1143337493

で指摘したように、広島市は一連の経緯をサイト上に明記すべきではないか。過ちは過ちとして、なぜ過ったのかという理由の分析と、過ちが判明して以降の対策をぜひ公開してほしい。積極的な情報公開こそが、広島市にとって最終的にプラスとなるはずだ。