ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2005-02-20 (Sun)

[][][]広島大学原爆放射線科学研究所広島大学図書館原爆・被ばく関連資料データベースを公開

広島大学原爆放射線科学研究所広島大学図書館が、原爆・被ばく関連資料データベースを公開した(2004-06-02)。1967年から1979年の間の中国新聞毎日新聞読売新聞から、「原爆・被ばく」をキーワードとする新聞切り抜き記事を約31,500点、広島大学原爆放射線科学研究所属国放射線情報センターが所蔵する原爆・被ばくに関連のある図書、雑誌書誌情報を約6,200点、米国陸軍病理学研究所(AFIP)が収集し、後に日本に返還された原爆被ばく直後の広島写真と関連する病理学写真を約1,200点収めている。データベースの作成・公開には、日本学術振興会科学研究補助金研究成果公開促進費)を受けている。なお、新聞切り抜き記事の著作権保護を理由に、以下のように利用資格の制限が設けられている。

(利用できる者の範囲)

第3条 このデータベースを利用できる者は、第1条の趣旨を理解し、次の各号の一に該当する教育研究目的とした者に限ります。ただし、読売新聞記事データについては、大学生以上の者しか利用できません。また、毎日新聞記事データについては、大学院生(学部生の利用は広島大学生に限る。)以上の者しか利用できません。

(1) 教育研究機関に所属する者

(2) 原爆・被ばく、平和に関する調査を行う者

(3) その他、データベース作成協力新聞社広島大学図書館長(以下「館長」という。)又は広島大学原爆放射線科学研究所長が認めた者

趣旨は理解するが、新聞各社にはこの種のデータベースへのデータ提供を行う以上、もう少し理解がほしい。また、上記の規定では、たとえば日本学術振興会科学研究補助金研究成果公開促進費)の使途として、このデータベースの開発が適切であったのかどうか、市民が関心を持っても試用・評価ができないことになる。「利用できる者の範囲」にある「その他、データベース作成協力新聞社広島大学図書館長(以下「館長」という。)又は広島大学原爆放射線科学研究所長が認めた者」を柔軟に解釈し、運用できるだろうか。また、サイト上で利用申請をした後、郵送で本申請を行い、その後、審査結果が通知されるという流れは不便すぎる。データベースは使われてこそ意味があることを踏まえ、この申請・審査の流れは見直してほしい。

原爆・被ばく関連資料データベース

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/abdb/

・「原爆・被ばく関連資料データベース」作成決定(2003-06-24)

http://www.bur.hiroshima-u.ac.jp/~koho/new/press_h15/030624-2.html

・「原爆・被ばく関連資料データベース」の公開並びに記念式典の開催について(2004-05-27)

http://www.bur.hiroshima-u.ac.jp/~koho/new/press_h16/040527.html

広島大学原爆放射線科学研究所

http://www.rbm.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html

広島大学図書館

http://digital.lib.hiroshima-u.ac.jp/

原爆・被ばく関連資料データベース公開のお知らせ(2004-06-02)

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/topics/abdb.html