ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-01-17 (Sun)

[][][][]広島大学図書館サイトリニューアル(2009-12-01)

screenshot

広島大学図書館サイトリニューアルした(2009-12-01)。

広島大学図書館

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/

広島大学図書館の過去のサイト

http://web.archive.org/web/*/http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/

・「広島大学図書館メールマガジン」13(広島大学図書館2010-01-08

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=F14&RTN=LOG^F14578&vol=13

によれば、

前回(2006年)のデザイン変更後も増加の一途をたどるコンテンツに対応しつつ、「どこに何があるかすぐにわかる」ページを作るための検討を重ねました。具体的には、

とのこと。なるほど、確かにトップページ上部にあるグローバルナビゲーションは、

データベース][電子ジャーナル][所蔵資料検索][所蔵資料一覧][利用ガイド][Webリクエスト][お助けします][図書館について]

という8種類で編成され、ページの中央部にある各種コンテンツへのリンクも、この区分に従って配置されている。ただ、このとき、帯の色の使い方が統一されていない点は気になる。具体的には、

は少しずつ帯の色や位置づけが異なっている。こういった小さな点での整合性の有無が、直観的なわかりやすさにと、わかりにくさを分けてしまう。もうひと頑張りを期待したい。

さて、「広島大学図書館メールマガジン」の記事を引用したが、2009年7月10日から、誰でもメールマガジンの配信登録が可能になっている。2007年の創刊から2年半は、配信登録は広島大学関係者に限られていたが、仮に些細な内容であっても、メールマガジンはせっかくの広報手段であり、広島大学図書館に関心を持つ学外者からすれば重要な情報源である。このオープン化、心から歓迎したい。

・「広島大学図書館広島大学図書館メールマガジンを創刊(2007-01-05)」(新着・新発見リソース2007-02-08

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070208/1170888318

広島大学図書館メールマガジン

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/mailmagazin/top.htm

なお、現在はまだ準備中だが、近日中に、

・特殊コレクション・ナビ

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/tokushu/collectionNavi.html

も公開されるようだ。

2007-02-08 (Thu)

[][][]広島大学図書館広島大学図書館メールマガジンを創刊(2007-01-05

広島大学図書館広島大学図書館メールマガジンを創刊した(2007-01-05)。現時点ではトライアル版と位置づけられているが、記事は充実しており広島大学図書館のいまが伝わってくる。おそらく学内限定の配信と位置づけられているようだが、図書館の外部への情報提供としても非常に有用なので、ぜひ一般からの配信希望を受け付けてほしい。

・「広島大学図書館メールマガジン」創刊号

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/mailmagazin/mailmag01.html

広島大学図書館メールマガジン

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/mailmagazin/top.htm

広島大学図書館

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/

2007-01-05 (Fri)

[][]広島大学図書館、今中文庫を公開(2006-12-12)

広島大学図書館が今中文庫を公開した(2006-12-12)。今中文庫は同大元教員の今中次麿さん(1893年生〜1980年没)の旧蔵書で構成されており、広島藩士だった今中家に伝わる江戸時代の武家文書を収めている。特に江戸後期の広島藩士・今中相親が記した「今中大学日記」は広島藩政史の第一級史料という。今回電子化され公開されたのは、今中文庫の一部だが、当時の広島藩士の生活をうかがい知れる資料が多数含まれている。

なお、資料はすべて広島大学学術情報リポジトリ(HIR)に収められており、今中文庫のサイトから広島大学学術情報リポジトリ(HIR)にリンクする形式となっている。これはこれで機関リポジトリの有効な活用方法ではあるが、利用者の側からするとクリックの手間が1回増えており、また資料がPDF形式で公開される形となり、利便性の観点からは課題を感じる。

・今中文庫

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/ib/top.html

広島大学図書館

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/

2006-10-08 (Sun)

[][][]広島大学図書館広島大学学術情報リポジトリ(HIR)を正式公開

広島大学図書館広島大学学術情報リポジトリ(HIR)を正式公開した(2006-10-06)。広島大学学術情報リポジトリ(HIR)は2006年4月12日に試験公開され、以来半年が経過したが、安定的な稼動が確認できたため今回正式公開に至ったという。現時点でのコンテンツ数は論文等1674件、コレクション類5596件で、試験公開中の半年間で約12万件のアクセス数があったという。また今回の正式公開にあわせて、広島大学学術情報リポジトリ(HIR)マークが制定されている。

すでに多数の機関リポジトリが公開されているが、広島大学学術情報リポジトリ(HIR)はつくって終わりではなく、プロモーションに力を入れていることがよくわかる。今回のロゴの制定もプロモーション強化の一環といえるだろう。他にも一人の研究者が執筆した論文をまとめて紹介する「HIR注目コンテンツ」(Monographシリーズ)を公開していることや、「学術雑誌論文が500件に到達しました。」(2006-10-04)というニュースに際して、

500件めの登録コンテンツは、松本眞先生(理学研究科)のご論文でした。

という一文を差し込んで、当該論文にリンクしていることに、地道な努力がうかがえる。システムを構築することや、研究成果を収めること以上に、収められた研究成果が利用されるようにすることが、機関リポジトリの本質であることを気づかせてくれる。機関リポジトリをすでに運用している大学図書館、これから構築しようという大学図書館には、ぜひ広島大学学術情報リポジトリ(HIR)に学んでほしい。

広島大学学術情報リポジトリ(HIR)

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/portal/

・「広島大学学術情報リポジトリ(HIR)を正式公開いたしました。」(広島大学図書館、2006-10-06)

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/portal/#news4

広島大学学術情報リポジトリ(HIR)マークについて

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/portal/hir_mark.html

・HIR注目コンテンツ

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/portal/hot/contents_1.html

・「学術雑誌論文が500件に到達しました。」(広島大学図書館、2006-10-04)

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/portal/#news3

広島大学図書館

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/

2006-08-07 (Mon)

[][]広島大学附属図書館、研究開発室のホームページを公開(2006-05-18)

広島大学附属図書館が研究開発室のホームページを公開した(2006-05-18)。研究員はまだ一名と小さな規模からのスタートだが、広島大学附属図書館が有する豊富な資料を積極的に活用した研究成果を期待したい。

ところで、大学図書館に研究開発室が設けられる例が増えているようだ。たとえば、九州大学附属図書館や名古屋大学附属図書館に研究開発室が設けられている。特に九州大学附属図書館の研究開発室は、仮想書棚やカード型OPACの開発で知られている。

広島大学附属図書館研究開発室

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/kenkyu_kaihatsu/rd_top.html

広島大学附属図書館

http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/

・九州大学附属図書館研究開発室

http://rd.lib.kyushu-u.ac.jp/

・名古屋大学附属図書館研究開発室

http://libst.nul.nagoya-u.ac.jp/

千葉大学附属図書館研究開発室・ライブラリーイノベーションセンター

http://www.ll.chiba-u.ac.jp/~libinoc/

・奈良先端科学技術大学院大学附属図書館研究開発室

http://dlrd.naist.jp/

筑波大学附属図書館研究開発室

https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/portal/rd.php