ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-06-29 (Mon)

[][]2009-06-24(Wed): 訪問記録−香川大学附属図書館

screenshot screenshot screenshot

宮城県図書館訪問記も書きたいのだが、先に香川大学を訪ねた記録を残しておきたい。そもそも高松を訪れたのは、人工知能学会 第23回全国大会(JSAI2009)での講演のためだが、

・「人工知能学会 第23回全国大会(JSAI2009)で講演を2つ」(編集日誌、2009-06-17)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090619/1245391948

1泊2日の強行軍の中、高松市図書館中央図書館香川大学附属図書館を訪ねてみた。高松市図書館中央図書館については、すでに記したとおり。

・「高松市図書館中央図書館を見学」(編集日誌、2009-06-18

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090619/1245420702

さて、高松市図書館中央図書館のすぐ横に香川大学の幸町キャンパスがある。ここには教育学部、法学部、経済学部の文系3学部があり、三木町のキャンパスに医学部と農学部が、林町のキャンパスに工学部がある。目指す香川大学附属図書館は、この幸町キャンパスに。

f:id:arg:20090618142232j:image:w200 f:id:arg:20090618141502j:image:w300

南国風なキャンパス内の緑が印象的。

f:id:arg:20090618140939j:image:w200 f:id:arg:20090618141050j:image:w200

林の中に「三土文相就任記念碑」という石碑がある。後日調べたところでは、香川大学の前身の一つである香川県師範学校の卒業生で戦前の有力な政治家であった三土忠造田中義一内閣において文部大臣に就任した際に建てられたものらしい。三土忠造については、矢澤真人さん(筑波大学)が、

三土忠造『訂正 中等国文典』

http://www.lingua.tsukuba.ac.jp/~myazawa/data/bunten/mituti0.html

を公開している。

さて、図書館に行く前に、存在は知っていた

香川大学博物館

http://www.museum.kagawa-u.ac.jp/

に立ち寄る。

f:id:arg:20090618141524j:image:w300

f:id:arg:20090618141931j:image:w200

f:id:arg:20090618141922j:image:w200 f:id:arg:20090618141947j:image:w200

f:id:arg:20090618141954j:image:w200 f:id:arg:20090618142023j:image:w200

f:id:arg:20090618142129j:image:w200 f:id:arg:20090618142136j:image:w200

f:id:arg:20090618142041j:image:w200 f:id:arg:20090618142154j:image:w200

f:id:arg:20090618142009j:image:w200 f:id:arg:20090618142105j:image:w200

大学博物館である以上、当然と言えば当然だが、学内や地域の資料が多数展示されている。加えて、手に取れる展示が多いことがすばらしい。博物館としてはまだ始まったばかりだが、見せる展示・触れる展示がどこまで進化していくのか、今後が楽しみだ。

f:id:arg:20090618144137j:image:w200 f:id:arg:20090618142557j:image:w200

さて、博物館を出てお目当ての附属図書館へ。

f:id:arg:20090618144911j:image:w100 f:id:arg:20090618144050j:image:w100 f:id:arg:20090618144050j:image:w100

・神原文庫

http://www.lib.kagawa-u.ac.jp/www1/kambara/kambara.html

を見れなかったのは残念。こういうときはやはり事前調査の必要を感じてしまう。さて、正直な感想を言えば、地方の国立大学の厳しさを実感させられた。他のキャンパスの分館を見ていないので結論は下せないが、蔵書や設備といった点で学生のためにもう少し環境を整えてあげたい。

2007-10-29 (Mon)

2007-02-09 (Fri)

[][]香川大学附属図書館、貴重資料デジタル・アーカイブを公開

香川大学附属図書館が貴重資料デジタル・アーカイブを公開した(2007-02-06)。同図書館神原文庫に所蔵する「古筆手鑑」「菩薩面」「伊路波」「嵐無常物語」下巻の画像が電子化されている。このうち「伊路波」は15世紀の朝鮮で用いられた日本語学習教材で唯一同図書館に現存する貴重なものという。また、「嵐無常物語」下巻は、実在の歌舞伎役者・嵐三郎四郎を描いた井原西鶴の小説で、天理大学附属天理図書館に現存する上巻と対になっている。残念ながら天理大学附属天理図書館が所蔵する上巻は電子化されていない。上巻が電子化された際には、文献の所在地に関わらずモニター越しに上下巻をでき、デジタルライブラリーインターネットの醍醐味を味わえることだろう。

なお、香川大学附属図書館は2006年11月13日に所蔵「神原文庫」貴重資料高精細デジタルアーカイブとして、「長崎市中地割繪圖」を公開しており、今回のコンテンツ追加で貴重資料デジタル・アーカイブを完成させたようだ。

・貴重資料デジタル・アーカイブ

http://www.lib.kagawa-u.ac.jp/www/kicho/kicho.html

香川大学附属図書館

http://www.lib.kagawa-u.ac.jp/

・「香川大学附属図書館、所蔵「神原文庫」貴重資料高精細デジタルアーカイブを公開」(新着・新発見リソース、2006-12-10)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20061210/1165716968

2006-12-10 (Sun)

[][]香川大学附属図書館、所蔵「神原文庫」貴重資料高精細デジタルアーカイブを公開

香川大学附属図書館が所蔵する神原文庫の貴重資料高精細デジタルアーカイブを公開した(2006-11-13)。公開された資料は、幕末の頃に描かれた「長崎市中地割繪圖」で、閲覧用プラグインZOOMA Viewerを用いれば、画像を精細に読み取れる。

香川大学附属図書館所蔵「神原文庫」貴重資料高精細デジタルアーカイブ

http://www.lib.kagawa-u.ac.jp/www/koseisai/nagasaki.html

香川大学附属図書館

http://www.lib.kagawa-u.ac.jp/