ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-07-11 (Fri)

[][][]2008-07-10(Thu): 戸塚洋二さん死去(66歳)

screenshot

高エネルギー加速器研究機構KEK)の前機構長で、日本学術振興会学術システム研究センターの所長を務める戸塚洋二さんが亡くなった。享年66歳。

戸塚洋二さん

http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/~totsuka/

日本学術振興会学術システム研究センター

http://www.jsps.go.jp/j-center/

高エネルギー加速器研究機構KEK

http://www.kek.jp/

高エネルギー加速器研究機構KEK)のサイトにある機構コラムで、現在機構長である鈴木厚人さんが、

戸塚洋二KEK機構長のご逝去に際して

http://www.kek.jp/intra-j/director/column/

という文章を書いている。

今は、基準となる精神的な支えを突如取り去られてしまったような、また、大きな、常に寄りかかれる柱を突然失ってしまった思いです。

言葉が重い。

・「ニュートリノ研究ノーベル賞候補、戸塚洋二氏が死去」(読売新聞、2008-07-10)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080710-OYT1T00339.htm

・「ニュートリノ研究戸塚洋二氏が死去 ノーベル賞候補」(日本経済新聞、2008-07-10)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080710AT1G1001U10072008.html

・「ニュートリノ研究戸塚洋二さん死去 ノーベル賞候補」(朝日新聞、2008-07-10)

http://www.asahi.com/obituaries/update/0710/TKY200807100130.html

・「訃報ニュートリノ質量発見戸塚洋二さん死去、66歳」(毎日新聞、2008-07-10)

http://mainichi.jp/photo/news/20080710k0000e040061000c.html

・「戸塚洋二さん死去:ノーベル賞目前に…恩師の小柴さん悲痛」(毎日新聞、2008-07-10)

http://mainichi.jp/select/today/news/20080710k0000e040068000c.html

・「ニュートリノの質量発見 物理学戸塚洋二氏が死去」(産経新聞、2008-07-10)

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080710/acd0807101307006-n1.htm

・「死去した戸塚洋二氏 ノーベル賞候補、壮絶がん闘病」(産経新聞、2008-07-10)

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080710/acd0807102148008-n1.htm

・「戸塚さん、最後まで科学者 がんと生命見つめた闘病生活」(産経新聞、2008-07-10)

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080710/acd0807101402007-n1.htm

2008-03-05 (Wed)

[][][]高エネルギー加速器研究機構KEK)、広報担当の特定有期雇用職員を募集

高エネルギー加速器研究機構KEK)の物質構造科学研究所広報担当の特定有期雇用職員を募集している。

職務内容は、

  1. 物構研の広報全般
  2. ホームページの構築、維持、管理
  3. 研究成果の整理

で、応募資格は、

  1. 科学技術に深い造詣を持ち、広報普及活動に関する経験と実績を有すること
  2. 研究者メディア関係者に対する調整・折衝・交渉能力を有すること
  3. 柔軟な発想や企画力に富み、研究機関の広報活動を理解した上で、優れたコミュニケーションを発揮できる能力を有すること
  4. 科学技術コミュニケーションwebサイト運営に関しての知見・理解があり、それを具体的な活動として展開する熱意と責任感を有すること

の4点。

募集人数は1名で雇用期間は3年間の任期付。給与は「特定有期雇用職員の年俸制に関する規程(年俸額は経歴、現給与等を考慮して決定)による」とされている。応募締切は2008年3月14日

・特定有期雇用職員公募要領【PDF

http://www.kek.jp/ja/jobs/documents/tokuteiyuki-koho.pdf

物質構造科学研究所

http://www.kek.jp/intra-j/about/org/imss/

高エネルギー加速器研究機構KEK

http://www.kek.jp/

2007-01-05 (Fri)

[][]高エネルギー加速器研究機構KEK)、News@KEKで振り返る2006年を公開

高エネルギー加速器研究機構KEK)がNews@KEKで振り返る2006年を公開した(2006-12-28)。2006年に発信された50本のNews@KEKをちりばめた文章で2006年の高エネルギー加速器研究機構KEK)の活動を振り返っている。

・News@KEKで振り返る2006年

http://www.kek.jp/newskek/2006/novdec/year2006.html

高エネルギー加速器研究機構KEK

http://www.kek.jp/

2006-02-15 (Wed)

[][]2006-02-12(Sun): 組織の歴史をつむぐ −KEK史料室

高エネルギー加速器研究機構KEK)の「News@KEK」に「研究所の歴史をつむぐ 〜史料室の活動〜」という記事が掲載されている。記事を通して、同機構にはKEK史料室が置かれていることを知る。機関の歴史を保存する仕事にあたる部署が設けられていることに感動する。ぜひ実りあるものへと育ててほしい。

・「研究所の歴史をつむぐ 〜史料室の活動〜」

http://www.kek.jp/newskek/2006/janfeb/archives.html

KEK史料室

http://www-conf.kek.jp/archives_office/index-j.html

高エネルギー加速器研究機構KEK

http://www.kek.jp/