ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-03-23 (Sun)

[][][][]衆議院、衆議院提供情報メール配信サービスを廃止(2008-03-31)

screenshot

衆議院が衆議院提供情報メール配信サービスを廃止する(2008-03-31)。

・衆議院提供情報メール配信サービス

http://www.shugiinmps.go.jp/mailsend/

・衆議院

http://www.shugiin.go.jp/

廃止されるのは、現在衆議院が配信している

  1. 新着情報配信サービス
  2. 衆議院公報情報配信サービス

という2本のメールマガジン

・衆議院 - 提供情報配信サービスの中止について

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/pushend.html

では終了する事実のみが語られ理由はふれられていない。なぜ、このような決定が下されたのか、その理由を語ってほしい。どれだけの利用者がいたのかわからないが、国政に関わる情報の発信が一歩後退した印象を持ってしまう。


[][][]衆議院、調査局作成資料を公開(2008-01-**)

screenshot

衆議院が調査局作成資料を公開している(2008-01-**)。

・調査局作成資料

http://www.shugiin.go.jp/itdb_rchome.nsf/html/rchome/index.htm

・衆議院

http://www.shugiin.go.jp/

調査局とは衆議院事務局に置かれた部局で、

  • 法律案等の要綱、趣旨説明、委員会報告書等の原案及び問題点参考資料の作成
  • 請願の調査、請願審査報告書原案の作成
  • 委員会週報、委員会審議要録、定期刊行物の作成
  • 所管事項に関する調査依頼の処理等の事務
  • 予備的調査(委員会の特命調査)に関する事務

・衆議院 - 事務局

http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkai.htm

を行っており、これらの業務の一環として作成された

  • RESEARCH BUREAU論究
  • 各委員会所管事項の動向
  • 通過議案要旨集
  • 調査レポート
  • 各調査室作成資料

が公開されている。

なお、国会議員の活動を支援する同様の組織として、参議院に常任委員会調査室、国立国会図書館に調査及び立法考査局が置かれている。参議院のサイトでは、参議院常任委員会調査室・特別調査室による参議院議員向けの調査情報誌「立法と調査」の本文を、国立国会図書館のサイトでは、「レファレンス」「調査と情報−ISSUE BRIEF」「外国の立法 立法情報・翻訳・解説」「調査資料」といった雑誌の本文を公開している。

・参議院 - 「立法と調査」

http://www.sangiin.go.jp/japanese/frameset/fset_f08_01.htm

国立国会図書館 - 国会へのサービス

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/diet_service_03.html

・「国立国会図書館「調査及び立法考査局」刊行物のホームページ上での公開について」(国立国会図書館、2004-04-26)

http://www.ndl.go.jp/jp/information/press040526.html

また、国立国会図書館は議員会館を含む国会内から閲覧できる「調査の窓」という国会向けサイトも開設しているようだが、その詳細は明らかにされていない。

2008-03-16 (Sun)

[][][][]2008-03-11(Tue): 「先例集」はウェブで公開してしまえばいいのに

screenshot

リクルートフリーペーパー「R25」の記事

・「国会の常識をつくる「先例集」の中身とは?」(R25、2008-03-06

http://r25.jp/magazine/ranking_review/10001000/1112008030602.html

で知ったが、日本の国会の衆参両院には「衆議院先例集」「衆議院委員会先例集」「参議院先例録」「参議院委員会先例録」というものがあるらしい。

500ページ以上もある辞書のように分厚い書物で、120年近くまえ、なんと明治23年の第1回帝国議会から脈々と編まれてきたものだという。

これはすごい資料だ。日本の議会制度の運営実態を知る上で有用なものなのだろう。現在は両院の事務局が書籍として発行しているらしいが、ぜひ両院ともサイトで公開してほしい。ちなみに先例集については、参議院のサイトには少し詳しい記述があるが、衆議院のサイトでは上記の書籍の案内しか掲載されていない。

・衆議院 - 会議録等刊行物の閲覧及び購入案内

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/tetuzuki/kanko.htm

・参議院 - 議院規則と先例

http://www.sangiin.go.jp/japanese/san60/s60_column/kisokusenrei.htm

・衆議院

http://www.shugiin.go.jp/

・参議院

http://www.sangiin.go.jp/