ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2010-01-26 (Tue)

[][][]国立国会図書館国際子ども図書館児童書デジタルライブラリーに約300タイトルを追加(2010-01-06

screenshot

国立国会図書館国際子ども図書館2009年12月末に児童書デジタルライブラリーに約300タイトルを追加したと発表した(2010-01-06

児童書デジタルライブラリー

http://www.kodomo.go.jp/ji-digi

・「児童書デジタルライブラリーに約300タイトルの資料を追加しました」(国際子ども図書館2010-01-06

http://www.kodomo.go.jp/news/2010-01.html

国際子ども図書館

http://www.kodomo.go.jp/

国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/

今回追加されたのは、国立国会図書館所蔵の昭和30年以前の児童書。追加された正確なタイトル数は、293タイトルで、これで計1980タイトルを閲覧できるようになったという。ただ、できれば、今回追加された約300タイトルリストを公開してほしい。同じことは、以前に同じ国立国会図書館が運営する近代デジタルライブラリーについても述べ、後に改善されたことがある。その際に、

近代デジタルライブラリー明治期のデータ大正期のデータそれぞれについて、図書をリスト化したCSVファイルを公開している。これもよい手本の一つだろう。ただ、願わくば国立国会図書館には、同じ館内のGood Practiceを学びあい全体で品質を高め整えていくようになってほしい。

・「国立国会図書館近代デジタルライブラリー明治大正期の図書約4600タイトルを追加(2008-08-26)」(新着・新発見リソース、2008-09-15)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080915/1221488638

と述べているが、国際子ども図書館も「同じ館内のGood Practiceを学びあい全体で品質を高め整えていく」ようにしてほしい。なお、細かな点だが、「児童書デジタルライブラリー」という表記と「児童書デジタルライブラリー」という表記が混在している。サイトは「児童書デジタルライブラリー」となっており、一連のお知らせでは「児童書デジタルライブラリー」となっているようだ。些細なことのようだが、用語の統一を徹底すべきだろう。

2009-07-07 (Tue)

[][][]国立国会図書館国際子ども図書館絵本ギャラリーに「『コドモノクニ』掲載作品検索」を追加(2009-05-05

screenshot

国立国会図書館国際子ども図書館絵本ギャラリーに「『コドモノクニ』掲載作品検索」を追加した(2009-05-05)。

・『コドモノクニ』掲載作品検索

http://www.kodomo.go.jp/gallery/search/

国立国会図書館国際子ども図書館

http://www.kodomo.go.jp/

国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/

『コドモノクニ』は、1922年に創刊され、1944年まで刊行されていた戦前の児童雑誌国立国会図書館では、287冊約6000コマを電子化していおり、今回は著作権保護期間の切れた1582コマを公開している。

なお、『コドモノクニ』については、同じく国立国会図書館が、同じ絵本ギャラリーの中で、

・『コドモノクニ』

http://www.kodomo.go.jp/gallery/KODOMO_WEB/index_j.html

を公開している。

今回公開された「『コドモノクニ』掲載作品検索」は、タイトルや著者名、あるいは巻号やキーワードで検索できるようになっている。非常に便利なのだが、惜しむらくはJavaScriptを多用しているため、個々のページにリンクできる構造になっていないことだ。また、たとえば著者名の「ち」をクリックすると、「ご希望条件でのデータはありませんでした。」というメッセージが表示されるが、元々データがないのであれば、あらかじめクリックできない表示(グレーアウト)にしたほうが、利用者に余計な操作をさせることも、また残念な思いを抱かせることもないだろう。

ちなみに、この絵本ギャラリーでは、ここ数年、5月5日こどもの日にあわせて、新たなコンテンツを追加するようになっている。子どもに関わる話題がニュースに取り上げられやすい時期であり、国立国会図書館プロモーションに手慣れてきたことがうかがわれる。ぜひ、他の機関にも見習ってほしい点だ。

・「国立国会図書館国際子ども図書館絵本ギャラリーで「アメリカ絵本 黄金期への幕開け」を公開(2008-05-05)」(新着・新発見リソース、2008-07-19)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080719/1216459997

・「国立国会図書館国際子ども図書館絵本ギャラリーで「モダニズム絵本 日常の中の芸術」を公開(2007-05-05)」(新着・新発見リソース、2007-05-07)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070507/1178469099

・「国立国会図書館国際子ども図書館絵本ギャラリーに資料を追加(2006-05-05)」(新着・新発見リソース2006-05-05

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060505/1146799424

2008-07-19 (Sat)

[][][]国立国会図書館国際子ども図書館絵本ギャラリーで「アメリカ絵本 黄金期への幕開け」を公開(2008-05-05)

screenshot

国立国会図書館国際子ども図書館絵本ギャラリーで「アメリカ絵本 黄金期への幕開け」を公開した(2008-05-05)。

・「アメリカ絵本 黄金期への幕開け」

http://www.kodomo.go.jp/gallery/american/

絵本ギャラリー

http://www.kodomo.go.jp/gallery/

国際子ども図書館

http://www.kodomo.go.jp/

国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/

・平成20年4月25日 こどもの日絵本ギャラリーアメリカ絵本 黄金期への幕開け」提供開始(付・プレスリリース)

http://www.ndl.go.jp/jp/information/news.html#080425_01

新たな展示「アメリカ絵本 黄金期への幕開け」では、19世紀末から20世紀初頭にかけてのアメリカ絵本11冊が公開されている。11冊の内訳は以下の通り。

  1. 『聖ニコラスがやってきた』(1976年、1864年初版)
  2. 『ヤンキードゥードル 昔の歌1775』(1881年)
  3. 『ロビンフッドのゆかいな冒険』(1883年)
  4. 『白日のもとで』(1902年、1898年初版)
  5. 『オズの魔法使い』(1900年)
  6. 『テンスローと三匹のくま』(1903年)
  7. 『ノアの箱舟のおはなし』(1905年)
  8. 子どもの詩の園』(1905年)
  9. 『小さなマザーグース』(1918年、1912年初版)
  10. 『鉄道の本 ボブとベティ、鉄道の夏休み』(1913年)
  11. 『マザーグース』(1915年)

国立国会図書館国際子ども図書館はここ数年、5月5日子どもの日にあわせてコンテンツ追加を行っており、そのスタイルがすっかり定着してきた感がある。粋な計らいであると同時に、メディアの関心を集めやすく賢い広報戦略をとっている。

・「国立国会図書館国際子ども図書館絵本ギャラリーで「モダニズム絵本 日常の中の芸術」を公開」(新着・新発見リソース、2007-05-07)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070507/1178469099

・「国立国会図書館国際子ども図書館絵本ギャラリーに資料を追加」(新着・新発見リソース2006-05-05

http://d.hatena.ne.jp/arg/20060505/1146799424

しかし、広報戦略という点で一つだけ苦言したい。同館のプレスリリース関係資料では、公開したコンテンツについて、

19世紀末から20世紀初頭にかけて子どもたちを夢中にさせた、西部開拓などのアメリカならではのテーマを題材とした絵本や挿絵本、伝承詩をもとにした絵本など11冊を紹介しています。

・平成20年4月25日 こどもの日絵本ギャラリーアメリカ絵本 黄金期への幕開け」提供開始(付・プレスリリース)

http://www.ndl.go.jp/jp/information/news.html#080425_01

と記している。だが、この文章からは具体的なイメージが湧きにくい。上に掲げたように、11冊の書名をすべて列挙したほうが、公開されたコンテンツに親近感を持たれやすく、紹介されやすくなるはずだ。PDF版の詳細なプレスリリースでは、

アメリカ絵本 黄金期への幕開け】は、19世紀末から20世紀初頭にかけて子どもたちを夢中にさせた、西部開拓などのアメリカならではのテーマを題材とした絵本や挿絵本、伝承詩をもとにした絵本など11冊(*)を紹介しています。

(*)『オズの魔法使い』、『マザーグース』など(別紙参照)

・「こどもの日に、絵本ギャラリーアメリカ絵本 黄金期の幕開け」提供開始」【PDF】

http://www.ndl.go.jp/jp/information/pdf/pr_080425.pdf

と一部の書名は挙げ、7冊分の表紙を紹介しているが、11冊すべてではない。このため、たとえば、この記事のように全11冊の書名を紹介しようという場合には、紹介する側が一冊ずつ書名を入力しなくてはいけない。紹介者側のこのような一手間を省くことが、1回でも多くの紹介につながると考え、工夫してほしい。

2008-04-09 (Wed)

[][][]国立国会図書館国際子ども図書館、平成19年度児童サービス連絡会−児童サービスの実際と課題の資料を公開(2008-03-06)

screenshot

国立国会図書館国際子ども図書館2007年11月21日に開催した「平成19年度児童サービス連絡会−児童サービスの実際と課題」の資料を公開した(2008-03-06)。

・平成19年度児童サービス連絡会−児童サービスの実際と課題

http://www.kodomo.go.jp/event/evt/bnum/event2008-04.html

国立国会図書館国際子ども図書館

http://www.kodomo.go.jp/

国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/

連絡会は「都道府県立図書館における児童サービスの状況を把握し、情報を共有するとともに、国際子ども図書館との連携・協力の強化を目的」に以下の10館で構成されている。

  1. 国際子ども図書館
  2. 石川県立図書館
  3. 大阪府立中央図書館
  4. 岐阜県図書館
  5. 群馬県立図書館
  6. 東京都立多摩図書館
  7. 徳島県立図書館
  8. 福岡県図書館
  9. 福島県立図書館
  10. 山口県立山口図書館

開催は2007年が初めてで3年連続での開催を予定しているという。公開された資料には参加館への事前アンケートの結果が含まれており、その中には各図書館サイトにおける子ども向けページに関する質問と回答結果がある。このアンケートでは、

  1. 子ども向けページ開設年月
  2. コンテンツ概要
  3. 想定対象年齢
  4. 運営方法
  5. 開発上の留意点、維持管理上の課題や問題点等

を訪ねており、各図書館の現状が伝えられている。

2008-01-05 (Sat)

[][][]国際子ども図書館、児童図書館サービスのためのガイドラインを公開

screenshot

国立国会図書館国際子ども図書館が児童図書館サービスのためのガイドラインを公開した(2007-11-12)。このガイドラインは国際図書館連盟(IFLA)の児童・ヤングアダルト図書館分科会が2003年12月に出版したパンフレット「Guidelines for children's libraries services」の翻訳で、フルバージョンと掲載写真の画質を落としたライトバージョンが提供されている。

・児童図書館サービスのためのガイドライン

http://www.kodomo.go.jp/profile/publications/guideline/

国立国会図書館国際子ども図書館

http://www.kodomo.go.jp/

国立国会図書館

http://www.ndl.go.jp/