ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-12-14 (Mon)

[][]国土技術政策総合研究所、建物事故予防ナレッジベースを公開(2009-08-12

screenshot

国土技術政策総合研究所が建物事故予防ナレッジベースを公開した(2009-08-12)。

・建物事故予防ナレッジベース

http://www.tatemonojikoyobo.nilim.go.jp/

・「「建物事故予防ナレッジベース」のインターネット公開について」(国土技術政策総合研究所2009-08-12)【PDF】

http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/kisya/journal/20090812.pdf

・国土技術政策総合研究所

http://www.nilim.go.jp/

日常生活の過程で主に屋内や建物の周辺で起こる事故について、実際の事故の発生パターンや事故事例を検索できる。

2007-01-05 (Fri)

[][][]国土技術政策総合研究所、国総研メールサービスを開始(2006-12-01)

国土交通省国土技術政策総合研究所が国総研メールサービスを開始した(2006-12-01)。内容は、

  1. 新着情報
    1. 研究活動(基準等の策定・改訂、災害・事故調査の報告、技術支援、主な研究成果)
    2. 国際活動(国際会議の主催・参加、専門家の派遣)
    3. 国総研の行事予定(講演会、一般公開、各種イベント
  2. 公募情報
  3. 研究部・センターの近年の活動紹介
  4. 刊行物の紹介

とされている。特に同研究所のサイトの新着情報を多く掲載しており重宝しそうだ。

・国総研メールサービス

http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/mailmag/

・国土技術政策総合研究所

http://www.nilim.go.jp/


[][]国土技術政策総合研究所、植生消長シミュレーションソフトを公開(2006-04-19

国土交通省国土技術政策総合研究所環境研究部河川環境研究室が植生消長シミュレーションソフトを公開した(2006-04-19)。植物が生えている地域での水環境による影響を経て、植物がどのように生長していくかをシミュレーションできるようだ。

・植生消長シミュレーションソフト

http://www.nilim.go.jp/lab/dbg/jpn/kakan_veg.htm

国土交通省国土技術政策総合研究所環境研究部河川環境研究室

http://www.nilim.go.jp/lab/dbg/

国土交通省国土技術政策総合研究所

http://www.nilim.go.jp/

2006-10-17 (Tue)

[][][]国土技術政策総合研究所、サイトをリニューアル

国土技術政策総合研究所がサイトをリニューアルした(2006-06-06)。依然としてフレーム機能を多用し、かつサイトを「技術者・研究者向け」と「一般の方向け」に分けている。少なくとも使い勝手の面では、意味のあるリニューアルとはいえない。

また、「リンク、著作権、免責事項等について」には、

ホームページへリンクをされた場合は、下記の事項について まで、電子メールにてご連絡下さい。

・ご所属(団体・会社名など)

・担当の方のお名前・メールアドレス

・リンクを設定するホームページのURL

・リンク、著作権、免責事項等について

http://www.nilim.go.jp/engineer/index.html?../aboutlink.htm

という注記がある。リンクをするにあたって報告や連絡を求める根拠がないにも関わらず、公的機関がこういう認識では本当に困る。

・国土技術政策総合研究所

http://www.nilim.go.jp/

・国土技術政策総合研究所の過去のサイト(2001年〜2005年)

http://web.archive.org/web/*/http://www.nilim.go.jp/

・リンク、著作権、免責事項等について

http://www.nilim.go.jp/engineer/index.html?../aboutlink.htm

2005-05-18 (Wed)

[][][]2005-05-03(Tue):

国土交通省国土技術政策総合研究所のリンク規定はいただけない。リンクした場合は、

・所属(団体・会社名など)

・担当者の名前、メールアドレス

・リンクを設定するホームページのURL

を連絡することを求めている。おりにふれて随所で指摘しているが、リンクに際して連絡を求めることは、リンクする側からすれば、一言でいって面倒。その一手間はリンクされる機会を減らす。他のサイトからリンクされる機会を失うということは、その機関の活動状況が広く知られる機会を失うことである。それでよいのか。

また、リンクに際して連絡を求めると、そのサイトに批判的に言及してリンクしたい場合、リンクする側には強いプレッシャーになる。特に公的な機関がこのような規定を掲げている場合、リンクしたい側が受けるプレッシャーは相当強くなる。見方によっては、第三者、特に相対的に弱い立場にある個人による自由な表現を損なう恐れがある。それでよいのか。

さらに、連絡を受けることで、結果的に情報を集めてしまうと、連絡された人名や組織名、メールアドレスといった個人情報を抱え込むことになってしまう。万一、その情報が外部流出した場合のリスクは非常に大きい。それでいのか。

・リンク、著作権、免責事項等について

http://www.nilim.go.jp/aboutlink.htm

国土交通省国土技術政策総合研究所

http://www.nilim.go.jp/

2005-05-02 (Mon)

[][]国土交通省国土技術政策総合研究所、スマトラ島沖地震関係ホームページを公開

国土交通省国土技術政策総合研究所が、スマトラ島沖地震関係ホームページを公開した(2005-01-25公開)。被災支援や災害復興にあたる国内外の専門家を対象に実施した調査・研究を紹介している。特に、同研究所の研究成果を一覧できる津波・地震に関する参考文献が役に立つ。

・スマトラ島沖地震関係ホームページ

http://www.nilim.go.jp/lab/sumatra/

国土交通省国土技術政策総合研究所

http://www.nilim.go.jp/