ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2007-01-09 (Tue)

[][]国立大学図書館協会、「SPARC及びJISC & SURFの推奨する「著者の権利」を留保するための契約書等について」を公開

国立大学図書館協会が「SPARC及びJISC & SURFの推奨する「著者の権利」を留保するための契約書等について」を公開した(2006-12-27)。

・SPARC及びJISC & SURFの推奨する「著者の権利」を留保するための契約書等について

http://wwwsoc.nii.ac.jp/anul/j/projects/isc/sparc/author_rights/licence_how_to.html

国立大学図書館協会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/anul/

2006-10-08 (Sun)

[][]国立大学図書館協会、SPARCの「Author Rights」の日本語訳を公開

国立大学図書館協会がSPARCの「Author Rights」の日本語訳「著者の権利」を公開した(2006-09-15)。

制限のある出版契約書に署名することは、あなたの学術的な世界を限定し、一人の著者としてのあなたの研究インパクトを弱めてしまいます。

(中略)

あなたは多分、後の研究に今回の論文の一部を含めることを考えているでしょう。コピーを授業で配布したり、同僚にそれを配布したりしたいと考えているかもしれません。そして、可能であればそれをあなた自身のウェブページ上、または、オンラインリポジトリに置きたいと考えています。これらは全てあなたの研究を広く人目にさらし、学者としてのあなたの目標を実現させる方法ですが、伝統的な契約ではそれらは禁止されています。

こういう文章を読んで、日本の研究者はどう感じてどう考えるのだろうか。そして、出版業界の人々はどう感じてどう考えるのだろうか。

ところで、国立大学図書館協会のサイトだが、トップページから「著者の権利」(Author Rights)のページにアクセスした後、右側にある画像(「about SPARC」など)をクリックすると、フレーム内にSPARCのサイトを取り込んで表示するようになっている。このように自らのサイトのフレーム内に他のサイトを取り込んで表示するリンク(フレーム内リンク)は、第三者のコンテンツを自身のコンテンツであるかのように誤認させる可能性があるので好ましくない。権利の問題を扱う話題であるだけに、こういう点には慎重を期してほしい。

・「著者の権利」(Author Rights)

http://wwwsoc.nii.ac.jp/anul/j/projects/isc/sparc/author_rights/SPARC_Author_Addendum.html

国立大学図書館協会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/anul/

・SPARC

http://www.arl.org/sparc/

・国際学術情報流通基盤整備事業(国立情報学研究所

http://www.nii.ac.jp/sparc/

2006-07-22 (Sat)