ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 

2008-09-01 (Mon)

[][]国立天文台天文学振興募金サイトを公開(2008-07-14)

screenshot

国立天文台天文学振興募金サイトを公開した(2008-07-14)。

天文学振興募金

http://www.nao.ac.jp/bokin/

国立天文台

http://www.nao.ac.jp/

  1. 国立天文台の教職員が行う研究教育の充実及びそのための環境整備
  2. 天文学研究成果の社会への普及並びに社会との連携
  3. 若手研究者への研究奨励金及び奨学金
  4. 世界天文年2009への参加
  5. その他天文学の振興に資する事業への支援

を目的とした寄付を募っており、募金手続きの申し込みができる。

天文学発展の新しい段階へ」と謳ったその思いには応えたいが、募金を喚起するには力不足ではないだろうか。二つの課題を感じる。

一つは支援対象である天文学のこれまでの成果とこれからの可能性、そしてその可能性を実現していく上での課題が見えないことである。どれだけの資金が天文学に投じられ、どのような成果をあげてきたのか。今後の天文学にはどのような可能性が秘められていて、その実現のためにはどれくらいの資金を必要とするのか。これが語られていないと、熱心な天文ファン以上の関心は集まりにくい。

もう一つの課題は、募金に手間がかかりすぎることだ。個人であれ法人であれ、まず募金の意思を示した上で必要書類を送ってもらわないと募金できない。ここはインターネットの力をもう少し活用すべきだろう。インターネット募金の仕組みもかなり整備されてきている。たとえば、

Yahoo!ボランティア - インターネット募金

http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/

のようなポータルサイトが提供する募金システムを活用するのも一手だろう。

流星群のような天文ショー、あるいは先年の惑星の定義変更のように、天文学はときとして社会の関心を集める分野である。それだけに、やり方をもう一工夫すれば他の分野よりははるかに募金活動への支援を集めやすいはずだ。ぜひもう一工夫を考えてほしい。

2007-07-08 (Sun)

2007-05-07 (Mon)

[][][]国立天文台と丸善、理科年表オフィシャルサイトを公開(2007-04-24)

国立天文台と丸善が理科年表オフィシャルサイトを公開した(2007-04-24)。基本的には書籍版の「理科年表」の読者を対象としており、閲覧には読者登録を必要とする箇所が多い。ただし、徹底解説と理科年表FAQは登録不要で閲覧できる。

・理科年表オフィシャルサイト

http://www.rikanenpyo.jp/

・丸善 - 理科年表オフィシャルサイト

http://pub.maruzen.co.jp/econtent/rikanenpyo/

・「『理科年表オフィシャルサイト』公開のお知らせ」(「アストロ・トピックス」292、2007-04-24)

http://www.nao.ac.jp/nao_topics/data/000292.html

国立天文台

http://www.nao.ac.jp/

2007-04-16 (Mon)

[][]国立天文台、「一家に1枚 宇宙図 2007」のサイトを公開(2007-04-13)

国立天文台が「一家に1枚 宇宙図 2007」のサイトを公開した(2007-04-13)。正式公開は4月に入ってからだが、国立天文台の更新履歴によれば、3月27日にはすでに公開されていたようだ。「一家に1枚 宇宙図 2007」はここ数年、科学技術週間にあわせて作成・配布されている一家に1枚シリーズの一つで、科学技術週間のサイトでは印刷用のPDF版が公開されている(2007-03-28)。

・一家に1枚 宇宙図 2007

http://www.nao.ac.jp/study/uchuzu/

・文部科学省 - 一家に1枚 宇宙図 2007について

http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/week/uchuu.htm

・文部科学省 - 「一家に1枚 宇宙図 2007」の製作について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/03/07032611.htm

科学技術週間

http://stw.mext.go.jp/

国立天文台 - 更新履歴

http://www.nao.ac.jp/update/

国立天文台

http://www.nao.ac.jp/

2007-04-10 (Tue)

[][]国立天文台、渦巻銀河の電波写真館を公開

国立天文台野辺山宇宙電波観測所が渦巻銀河の電波写真館を公開した(2007-02-25)。

・渦巻銀河の電波写真館

http://www.nro.nao.ac.jp/~kuno/COatlas/gallery/

・「近傍渦巻銀河の電波写真集完成−マルチビーム受信機“BEARS(ベアーズ)”による世界最大のデータベース」(国立天文台野辺山宇宙電波観測所、2007-02-25)

http://www.nro.nao.ac.jp/~kuno/press/

国立天文台野辺山宇宙電波観測所

http://www.nro.nao.ac.jp/

国立天文台

http://www.nao.ac.jp/