ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2006-03-25 (Sat)

[][][]最高裁判所裁判所サイトリニューアル2006-03-22

最高裁判所裁判所サイトリニューアルした(2006-03-22)。これまで裁判所サイト最高裁判所サイトと各高裁地裁家裁簡裁といった各地の裁判所サイトの2つで構成されてきたが、今回のリニューアルでもその構造は変わっていない。リニューアル前に比べてみやすく、つかいやすくなった点も多々あるが、逆に後退した箇所もある。特に判例PDF形式だけで公開されるようになったことは、改悪といいたい。判例というきわめて重要情報裁判所が公開する以上、特定企業製品依存することは避けるべきだ。

また、全般的にキーワード検索を使って情報を探し出せばよいという設計思想に基づいて、サイトがつくられている。しかし、キーワード検索はまだまだ一種のテクニックを要する側面がある。クリックだけでサイトを閲覧する人も少なくない。キーワードによる検索だけではなく、クリックによる閲覧にも対応した構成への変更を求めたい。

構成という点では各地の裁判所サイトと「裁判情報」(判例検索システム)が上手に連動していない点が気になる。たとえば、横浜地方裁判所横浜家庭裁判所サイトを開いた際に、ページ右側にある「裁判情報」をクリックすると「裁判情報」(判例検索システム)のトップページに移動する。だが、ここは「下級裁判所判例集」で横浜地方裁判所横浜家庭裁判所で下された判決を検索した結果にリンクしておいてほしい。そのほうが利用者の利便性が高まるはずだ。

なお、すでにほうぼうで指摘されているが、「このサイトについて」の「3. リンク設定」の項目で、「リンク設定をした場合には、次の連絡先に電話で御連絡ください。」という一文があるのは問題だ。リンクをした際に連絡する義務を課した法律がないにも関わらず、裁判所という法の解釈に関わる機関がこのような条件を明示することはあまりに軽率である。至急、改善してほしい。

サイトリニューアルのお知らせ

http://www.courts.go.jp/about/topics/1803.html

最高裁判所

http://www.courts.go.jp/saikosai/

・各地の裁判所

http://www.courts.go.jp/map.html

横浜地方裁判所横浜家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/yokohama/

・このサイトについて

http://www.courts.go.jp/outline.html

裁判所サイト

http://www.courts.go.jp/