ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2010-01-09 (Sat)

[][]2010-01-05(Tue): Kindle使用体験と、山中湖情報創造館による電子書籍リーダーの寄付・寄託の募集、そして公共図書館における電子書籍の研究会のこと

年末に高野明彦さん(国立情報学研究所)と大向一輝さん(国立情報学研究所)にKindleを自慢されたのを受け、一念発起し、Kindleを買ってみた。まだ、それほど使っていないが、思うところを。

・Kindle

http://www.amazon.com/dp/B0015T963C

購入した本だけでなく、手元のPDFファイルをコピーし、読めるのは素晴らしい。少なくとも日本語の本を買えるようになるまでは、Kindleで論文等を読むという使い方を一番しそうだ。iPhoneアプリである「Kindle for iPhone」があるのもiPhoneユーザーとしては嬉しい。

iPhoneのようなスクリーンに直接タッチする形式になれてしまうと、キーによる操作はどうも不便な気もするが、これは馴れの問題かもしれない。ただ、使っていくと真っ先にキーが壊れそうで怖い。カラー表示はなく、白黒というのは文字を読む上では、自分には十分な気がしている。いずれカラー表示の端末も登場するだろうが、果たして目が疲れないものがいつくらいに出て来るだろうか。

さて、Kindleと言えば、山中湖情報創造館が所有しており、さらに様々な電子書籍リーダーの寄付・寄託を募っている。

・「電子書籍リーダーの寄付または寄託について」(山中湖情報創造館、2009-12-02

http://lib-yamanakako-top.blogspot.com/2009/12/blog-post.html

現在は、

を寄付・寄託してくれる方を探しているようだ。ご協力いただける方がいればぜひ。

昨年の6月にBritish Libraryを訪れた際に、「New Ways of Reading」と題した電子書籍リーダーの展示を見る機会があったが、同じようなことを日本の図書館でもできないかと思っている。

f:id:arg:20090604175723j:image:w300

f:id:arg:20090604175758j:image:w200 f:id:arg:20090604175745j:image:w200

f:id:arg:20090604175811j:image:w200 f:id:arg:20090604175751j:image:w200

なお、山中湖情報創造館では、Kindle導入を受けて、「公共図書館における電子書籍の研究会」の開始を宣言している。電子書籍リーダーに関心のある方は、こちらもぜひ参加してほしい。

・「公共図書館における電子書籍の研究会」(山中湖情報創造館、2009-12-15

http://lib-yamanakako-top.blogspot.com/2009/12/blog-post_15.html

・山中湖情報創造館

http://www.lib-yamanakako.jp/

2009-04-05 (Sun)

[][][]山中湖情報創造館、ミニブログサービスTwitter」の利用を開始(2009-02-04

screenshot

山中湖情報創造館がミニブログサービスTwitter」の利用を開始した(2009-02-04)。

・山中湖情報創造館 (図書館) (lib_yamanakako) on Twitter

http://twitter.com/lib_yamanakako

・「試験運用中 Twitterで図書館からの情報提供」(指定管理者日誌 - 山中湖情報創造館にて -、2009-02-04

http://yamanakako.exblog.jp/7900707/

・「twitter」(指定管理者日誌 - 山中湖情報創造館にて -、2009-02-18)

http://yamanakako.exblog.jp/7971581/

Twitter

http://twitter.com/

・山中湖情報創造館

http://www.lib-yamanakako.jp/

日本国内の図書館の「Twitter」活用としては、東京工科大学図書館蒲田分室による事例があるが、公共図書館での利用はこれが初めてだろう。

・Kamata Library (kamata_library) on Twitter2008-07-31〜)

http://twitter.com/kamata_library

・横芝光町立図書館 (lib_yhikari) on Twitter2009-04-02〜)

http://twitter.com/lib_yhikari