ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-06-17 (Tue)

[][][][]市川市図書館、蔵書検索(OPAC)に青空文庫データを追加(2008-06-**)

screenshot

市川市図書館が蔵書検索(OPAC)に青空文庫データを追加した(2008-06-**)。

青空文庫電子テキストが検索・閲覧できます

http://www.city.ichikawa.chiba.jp/shisetsu/tosyo/posnew/pos_aozora.htm

市川市図書館所蔵 資料検索

https://opac.city.ichikawa.chiba.jp/cgi_bin/Sopcstop.sh?p_mode=1

市川市図書館

http://www.city.ichikawa.chiba.jp/shisetsu/tosyo/tosmain.htm

すでにこのニュースは、

・「蔵書と青空文庫を一括検索(市川市図書館)」(千葉県図書館図書館NEWS、2008-06-02)

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/chiba_lib/view/20080602/1212398254

・「図書館OPAC青空文庫」(Copy & Copyright Diary、2008-06-02)

http://d.hatena.ne.jp/copyright/20080602/p1

によって伝えられているが、OPACで検索した際に当該の書籍の本文が青空文庫で公開されている場合は、検索結果であれば書名の横に[電子テキスト]と表示される。そのまま当該書籍書誌情報に入ると、青空文庫へのリンクアイコンが表示され、ここをクリックすると当該書籍に関する青空文庫図書カードアクセスできる。

同様の試みとしては、以前紹介した実践女子大学図書館の事例がある。

・「実践女子大学図書館OPACの検索対象に「青空文庫」収録作品を追加(2007-09-04)」(新着・新発見リソース、2008-02-03)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080203/1202042229

このような図書館の蔵書にとらわれることなく、市民アクセスできる資料を拡大していこうとする姿勢は歓迎したい。ただ、実用性という観点でいえば、実践女子大学図書館の際にも指摘した課題は解決されていない。各地の図書館で意欲的な試みがなされるようになってきたが、そろそろ実用性という観点でも本格的な試みに出てきてほしいものだ。