ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2008-01-20 (Sun)

[][]松江市図書館八雲資料室を公開

screenshot

松江市図書館八雲資料室を公開した(2007-10-01)。小泉八雲ラフカディオ・ハーン)が松江に住んだ関係上、同館は小泉八雲関連の資料を約3千500点所蔵しており、今回はその資料を一覧できる

  • 関係資料一覧
  • 貴重資料一覧
  • 直筆原稿・書簡等一覧

が公開されている。一部の資料は画像も提供されている。

松江市公共図書館ならではの資料であり、その公開はうれしいことだ。ただ、惜しむらくは公開の方法だろう。上記の資料一覧はいずれもExcel形式のみでの公開となっている。一覧をみるたびにExcelが起動することになり、使い勝手が悪くなっている。また、「資料検索」のボタンを押すと、

・資料の検索

http://www.matsue-library.jp/cgi-bin/Sopcsmin.sh

に移動するが、その際、

対象資料

■図書 ■雑誌 ■視聴覚資料 ■八雲資料

とすべての検索対象にチェックが入っている。八雲資料室のページからこのページに移動してきた場合は、八雲資料以外の資料は検索対象としないで、

対象資料

□図書 □雑誌 □視聴覚資料 ■八雲資料

となっていたほうが便利だろう。わずかなことだが、使い勝手がまったく変わってくるだけに、改善を検討してほしい。

八雲資料室

http://www.web-sanin.co.jp/matsue/plover/library/yakumo.html

松江市図書館

http://www.web-sanin.co.jp/matsue/plover/library/

・「小泉八雲資料をDB化 松江市図書館」(山陰中央新報、2007-12-16)

http://www.sanin-chuo.co.jp/edu/modules/news/article.php?storyid=446208068