ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2009-09-22 (Tue)

[][]新潟大学附属図書館新潟大学古文書・古典籍コレクションデーターベースを公開(2009-06-24)

screenshot

新潟大学附属図書館新潟大学古文書・古典籍コレクションデーターベースを公開した(2009-06-24)。

新潟大学古文書・古典籍コレクションデーターベース

http://collections.lib.niigata-u.ac.jp/

・「古文書・古典籍コレクションデータベース公開しました」(新潟大学附属図書館、2009-06-24)

http://www.lib.niigata-u.ac.jp/News/nh-news-oshirase.html#090623c

新潟大学附属図書館

http://www.lib.niigata-u.ac.jp/

これは、

新潟大学附属図書館貴重資料データベース

http://www.lib.niigata-u.ac.jp/ades-info/

を引き継いだ「古文書データベース」と、江戸時代以降の国書154タイトル約4万点の画像を収めた古典籍コレクションデータベースから成っている。

素晴らしい資料だが、それぞれ、

古文書データベースについて

武家文書である堀家文書のほか、旧家・大地主家の経営文書、村方文書など新潟県内の江戸時代以降の文書を約170点を掲載しています。

>>

古典籍コレクションデータベースについて

佐野文庫をはじめ、医歯学図書館所蔵の森田文庫など主に江戸時代以降の国書154タイトル約4万点の画像を掲載しています。

としか説明されていないのはもったいない

・収蔵資料紹介

http://www.lib.niigata-u.ac.jp/kichosho2/shokai.html

のページはあるが、それぞれのデータベースに何が収められているのか、詳細を明記してほしい。

2007-05-28 (Mon)

[][][]新潟大学附属図書館新潟大学学術リポジトリ(Nuar)を公開

新潟大学附属図書館新潟大学学術リポジトリ(Nuar: Niigata University Academic Repository)を公開した(2007-05-17)。Nuarの読み方はニュアー。新潟県を象徴する鳥である「トキ」をモチーフにしたロゴもつくられている。使用ソフトはDSpace。現時点で約3800の研究成果が収められている。

味も素っ気もないDSpaceの画面とは別に総合案内ページが設けられている点は、リポジトリに対する理解を広げいていく上で非常に有効だろう。サイトの構築方法として、他大学にも参考にしてほしい。

・総合案内

http://repository.lib.niigata-u.ac.jp/

リポジトリ本体

http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp:8080/dspace/

総合案内のページは用語集やFAQが充実しており、これだけでも大いに役に立つだろう。ただ、「学術リポジトリとは」のページで一点気になったことがある。

学術リポジトリに登録したデータに、OAI-PMHという国際標準のプロトコルに準じて、論文を検索するための情報(メタデータ)を付与します。このことにより、Googleのような検索エンジンで検索されるだけでなく、国立情報学研究所のJuNiiやミシガン大学のOAIsterなどの、全国規模、世界規模のデータベースの検索対象となり、個人のWebページで公開するよりも効果的に情報を発信できます。

・学術リポジトリとは - メリット

http://repository.lib.niigata-u.ac.jp/contents/about/index.html#l04

機関リポジトリを推進していくこと自体は、それはそれでよいのだが、研究者個人サイトをライバル視する必要はないだろう。また、機関リポジトリの仕組みは論文単位での検索には有効だが、特定の研究者の業績にアクセスする上では万全ではないはずだ。機関リポジトリは機関リポジトリとして存在すればよいし、研究者個人サイト個人サイトとして存在すればよい。両者は決して競合する関係にはない。機関リポジトリの側からすれば、論文などのコンテンツそのものは機関リポジトリに収めつつ、研究者にはそれぞれの個人サイトから機関リポジトリに収められた自著論文にリンクしてもらえばいいことではないだろうか。

新潟大学学術リポジトリ(Nuar)

http://repository.lib.niigata-u.ac.jp/

・「 新潟大学学術リポジトリ(Nuar)を公開しました。」(新潟大学附属図書館2007-05-17

http://www.lib.niigata-u.ac.jp/News/nh-news-oshirase.html#070517

・「新潟大学学術リポジトリ公開について」(「新潟大学附属図書館速報」第78号、2007-05-17

http://www.lib.niigata-u.ac.jp/Publications/sokuho/sokuho078.html

新潟大学附属図書館

http://www.lib.niigata-u.ac.jp/