ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2005-03-21 (Mon)

[][][]2005-03-17(Thu):

先方からレスポンスがないのでここに書いてしまおう。

今年は世界物理年。日本でも世界物理年日本委員会が組織され、さまざまな活動を行っている。その一つとして、世界物理年日本委員会メールマガジンが発行されているのだが、「原則として会員登録された方(団体、普通個人、学生個人)を対象に発行」とされている。私はこれは非常に惜しいことだと思ったので、以下のようなメールメールマガジン担当者宛てに送ってみた(2004-03-06)。

(前略)

ただ一点懸念点があります。

マールマガジンは「原則として会員登録された方(団体、普通個人、学生個人)を対象に発行」と記されています。

世界物理年の意義や年間を通して行われる活動内容を広報し、有馬会長の所信にもある「物理の理解に もっと光を、もっと力を!」を実現していくことを考えるのであれば、特に資格の有無に関わらず、誰もが配信を受けられるようにしたほうがよいのではないでしょうか。

ぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。

学術系のメールマガジンを発行する者として、また物理学に関心を持つ者として、貴マガジンを講読できる日が来ることを心待ちにしております。

残念ながら、お返事はまだいただけていない。もう3月も後半、すでに世界物理年の1/4が終わりつつある。今年は愛・地球博が開催される予定であり、自然科学系の話題はどうあってもそちらに集中することが目に見えている。そういう事情にありながら、ましてや物理学という一般に理解されにくい学問の存在意義を訴えるのであれば、上記の方針はあらためてしかるべきと思うのだが、物理学の研究や教育に関わる方々はどのようにお考えだろうか。

・世界物理年日本委員会メールマガジン

http://www.wyp2005.jp/jp/mailmagausr/backnumberlist.asp

・世界物理年日本委員会

http://www.wyp2005.jp/

2005-03-13 (Sun)

[][][]2005-03-06(Sun):

世界物理年日本委員会が「世界物理年日本委員会メールマガジン」を発行している。バックナンバーを読むとなかなかの力作。だが、「原則として会員登録された方(団体、普通個人、学生個人)を対象に発行」という方針はよくない。世界物理年を通して、物理学への理解を促進しようという考えがあるならば、会員資格の有無に関わらず、誰もが配信を受けられるようにしたほうがよい。ちなみに、世界物理年日本委員会の会長有馬朗人さんは、同委員会のサイトに掲げられた「世界物理年日本委員会発足に際してのメッセージ」で、「物理の理解に もっと光を、もっと力を!」と主張している。

・世界物理年日本委員会メールマガジン

http://www.wyp2005.jp/jp/mailmagausr/backnumberlist.asp

・有馬朗人「世界物理年日本委員会発足に際してのメッセージ」(2004-09-30)

http://www.wyp2005.jp/jp/wypjp_message.html

・世界物理年日本委員会

http://www.wyp2005.jp/

2005-03-08 (Tue)

[][]世界物理年関連のサイト公開相次ぐ

2005年は国際連合が定める世界物理年。特殊相対性理論、光量子説に基づく光電効果の理論、ブラウン運動の理論がアインシュタインによって提唱され、後に「奇跡の年」と呼ばれることになった1905年から100周年を記念した年である。この世界物理年に関連して、すでに複数のサイトが公開されている。

・WYP2005(World Year of Physics 2005)

http://www.wyp2005.org/

・「国連総会決議 2005年は「国際物理学年」(国連広報センター、2004-07-01)

http://www.unic.or.jp/new/pr04-055.htm

・世界物理年2005(世界物理年日本委員会)

http://www.wyp2005.jp/

・世界物理年関西委員会

http://home.att.ne.jp/theta/cebu/Top3.htm

・World Year of PHYSICS 2005(日本物理学会)

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jps/jps/topics/wyp/wyp.html

・世界物理年 2005 - KEKの取り組み(高エネルギー加速器研究機構)

http://www.kek.jp/WYP/