ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2007-12-11 (Tue)

[][][][]赤間道夫さん、平田清明著作目録ブログ版を公開

screenshot

赤間道夫さんがブログ「akamac book review」で平田清明著作目録ブログ版を公開した(2007-11-21)。この目録の公開については、次の記事で公開が予告されていた。

今回本書にあわせて、「『平田清明著作=目録と解題』への補遺と追加」(野沢敏治編、非売品、31ページ、2007年8月1日)が編まれた。これは、『平田清明著作=目録と解題』(浅井和弘・若森章孝編、非売品、1983年3月14日)への補遺と追加である。また、京都大学経済学会『経済論叢』(第137巻第3号,1986年3月)は「平田清明教授記念号」にあてられ、「平田清明教授著作目録」(八木紀一郎作成)もある。本ブログではいずれ平田の全リストを公開していく予定でいる。

・「平田清明著『平田清明 市民社会を生きる――その経験と思想――』」(akamac book review、2007-11-17)

http://d.hatena.ne.jp/akamac/20071117/1195289323

ブログでは順次公開がなされており、これまでに1940年から1955年までの著作目録が掲載されている。ちなみに平田清明は1995年に没しており、今後残り40年分の文献目録が公開されてくるだろう。完成が待ち遠しいコンテンツが登場した。

・平田清明著作目録ブログ

http://d.hatena.ne.jp/akamac/searchdiary?word=%2a%5bhirata%5d

・「平田清明著作目録ブログ版(掲載にあたって)」(akamac book review2007-11-21

http://d.hatena.ne.jp/akamac/20071121/1195626303

・「平田清明著『平田清明 市民社会を生きる――その経験と思想――』」(akamac book review、2007-11-17)

http://d.hatena.ne.jp/akamac/20071117/1195289323

・akamac book review

http://d.hatena.ne.jp/akamac/

・AkamacHomePage(赤間道夫さん)

http://www.cpm.ll.ehime-u.ac.jp/AkamacHomePage/Akamacj.html

2007-12-10 (Mon)

[][][]2007-12-07(Fri): はなちゃんに会い、赤間道夫さんとおしゃべり

午前中から愛媛大学で赤間道夫さんと待ち合わせ。赤間さんがこれまで何度もブログで紹介している法文学部校舎に住まう大学はなちゃんを訪問。

・akamac book review - 大学はなちゃんの日常

http://d.hatena.ne.jp/akamac/searchdiary?word=%2a%5bhana%5d

・AkamacHomePage(赤間道夫さん)

http://www.cpm.ll.ehime-u.ac.jp/AkamacHomePage/Akamacj.html

実は前日に法文学部の校舎前ではなちゃんを探したのだが、たまたま散策中だったらしく空振りに終わっていた。この日は、はなちゃん朝ごはんの時間にあわせて訪れたので、無事対面が実現。

f:id:arg:20071210004555j:image

f:id:arg:20071210004622j:image

f:id:arg:20071210004643j:image

その後、赤間さんの研究室で2時間ほどおしゃべり。赤間さんとは1998年5月頃に初めてメールのやりとりをして以来、実に10年以上のおつきあいがある。これまで赤間さんとはメディアと経済思想史研究会(MHET)の研究会の際にお目にかかったり、メールマガジン日本国の研究 不安との訣別/再生のカルテ」に関わっていた頃に何度も書評執筆をお願いしたり、『コンピュータ&エデュケーション』19(東京電機大学出版局、2005-12-01)に掲載された「インタビュー:学術系リソースの可能性」を企画してくださったり、と様々なおつきあいがあったが、考えてみればこれほど長い時間をご一緒しおしゃべりできたのは初めてのこと。幸せな時間。

メディアと経済思想史研究会(MHET)

http://homepage3.nifty.com/MHET/

メールマガジン日本国の研究 不安との訣別/再生のカルテ」

http://www.inose.gr.jp/mailmaga/

・『コンピュータ&エデュケーション』19(東京電機大学出版局、2005-12-01、1890円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4501840501/arg-22

その後、市内各所をぶらつき、飛行機で帰京。松山は様々な点で魅力的な街という発見があったが、それはまた別の機会に。

なお、赤間さんが昨日のシンポジウムについてブログに記事を書いている。

・「愛媛大学広報シンポジウム」(akamac book review、2007-12-07)

http://d.hatena.ne.jp/akamac/20071207/1197020034

2007-02-18 (Sun)

[][][]赤間道夫さん、ブログ「akamac book review」を公開

赤間道夫さんがブログ「akamac book review」を公開した(2007-02-05)。赤間道夫さんは経済思想史、社会思想史の電子テキストを網羅したAKAMAC E-text Linksを含むAKAMAC Home Pageを1995年10月1日から続けているが、ついにブログも活用しだしたようだ。現時点では過去の書評や図書紹介の再録が中心だが、「徐々に新作を公開していきたい」という決意が示されている。今後の展開に期待したい。

・akamac book review

http://d.hatena.ne.jp/akamac/

・AKAMAC Home Page

http://www.cpm.ll.ehime-u.ac.jp/AkamacHomePage/AkamacJ.html