ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

2010-06-06 (Sun)

[][][]千代田区図書館千代田区図書館新着雑誌記事速報を公開(2010-04-01)

screenshot

千代田区図書館千代田区図書館新着雑誌記事速報を公開した(2010-04-01)。

千代田区図書館新着雑誌記事速報

http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/guidance/service/mag5/main.html

・「千代田区図書館新着雑誌記事速報」(千代田区図書館、2010-04-01)

http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/guidance/service/magazine1.html

千代田区図書館

http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/

千代田区図書館が所蔵する雑誌の一部につき、新着記事の速報が表示される。これは2009年3月に茨城県結城市のゆうき図書館が導入したものを参照しており、

ページ作成にあたり、ゆうき図書館の「新着雑誌記事速報」を参考にさせて頂きました。同図書館の皆様に、この場を借りて感謝致します。

・「千代田区図書館新着雑誌記事速報」(千代田区図書館、2010-04-01)

http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/guidance/service/magazine1.html

と明記されている。ゆうき図書館の取り組みにならった事例は、野田市図書館2009年10月)、武蔵野大学図書館2010年2月)に次いで3例目となる。

・「ゆうき図書館、ゆうき図書館 新着雑誌記事速報を公開(2009-03-12)」(新着・新発見リソース2009-04-10

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090410/1239292066

・「ゆうき図書館、新着雑誌記事速報をリニューアル(2009-08-01)」(新着・新発見リソース2009-12-13

http://d.hatena.ne.jp/arg/20091213/1260715154

・「野田市図書館野田市図書館 新着雑誌記事速報を公開(2009-10-02)」(新着・新発見リソース2009-12-13

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100103/1262522979

・「武蔵野大学図書館雑誌記事速報を公開(2010-02-03)」(新着・新発見リソース、2010-06-06)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100606/1275797899

・「新着雑誌記事速報」導入館の紹介。」(図書館+○○○、2010-04-08)

http://lib-plus.blogspot.com/2010/04/blog-post.html

このように順調に導入館が増えているのは、やはり、ゆうき図書館が、

Google AJAX Feed API 版「新着雑誌記事速報」作成運用マニュアル【PDF】

http://www.lib-yuki.net/room_ad/manu.pdf

を公開している効果だろう。先行するトップランナーとしてだけではなく、普及に努めるエバンジェリストとして振る舞うゆうき図書館姿勢をたたえたい。

他方、ゆうき図書館にならった導入館には、ゆうき図書館を超える工夫に取り組んでほしい。たとえば、現在の新着雑誌記事速報は、リンク先をクリックするとデータ提供元である国立国会図書館の蔵書検索OPAC)やFujisan.co.jpアクセスするようになっている。しかし、自館で所蔵している資料であれば、そのまま1クリックで自館のOPACにもアクセスできるようにしたほうが、利用者にとっては便利ではないだろうか。

優れた先行例に学び、それを真似ることは素晴らしいことだが、そこに留まらずさらに一段高いチャレンジをしてほしい。それこそがゆうき図書館に対する恩返しにもなるはずだ。